TOMIXのお座敷客車スロ81系(青)


▲水戸の「ふれあい」ではなく、あくまで南シナの「品座」で整備予定です。

東京機関区のゴハチに牽引させる客車を探していて、当時買っておけばよかったなーと悔やんでいた一品に出会いました。
そう、TOMIXの初期製品(金箱)のスロ81、スロフ81(青)の6両セットです。

IMG_0067.jpg
▲もちろん、整備はこれから。ベンチレータに、手すりに、室内灯に、インレタに・・・嬉しい宿題増えちゃいました(^^ゞ

初期製品ってことで、日光モデルさんの台車を履いてます。
それにしても当時は筆者も若かった。何がお座敷ジャ!なんて思っていたんですが、この年になると、ああ!こんな列車で宴会しながら旅行なんて楽しそうだな。しかも旧型客車だし。と妙にしみじみと年寄り趣味になってしまったのです(笑)
今になって或る機関車が入線した今、個人的に14系座席車と並んで東京の客車に注目するなか、燦然と輝く「品座」の魅力に気付いてしまったのです。

IMG_0070.jpg
▲懐かしの金箱。箱はかなりくたびれてしまっていますが、中身はれっきとした新品です。

そんなこんな思っているうちに、この業界。在庫など残るはずもなく。無いものと思ってやり過ごしていましたところ、何てことは無い近所のワムさんにぶらり散歩に出かけて、いつも見慣れたショウケースをのぞいていたら・・・発見。店主が自社製品企画の参考のために購入したものらしいですが、それを手放したとのことでした。

ちなみにワムの店主、40年前にマッハ模型に務めた経験があるとのことで、(筆者も約40年前にマッハ北千里店で積水金属の鉄道模型を買ったもらったのがきっかけでしたので)そのお話で盛り上がりました。

IMG_0068.jpg
▲スロ81系とは一見なにも関係ないように見える、鉄道ファン1980年8月号。

筆者がまだ奈良に在住していたころに購入したものっぽいですが、この号の「新車ガイド2」に「品座」が詳しく紹介されています。

IMG_0071.jpg
▲国鉄大宮工場の押川さんというかたが執筆されています。

当時赤字の国鉄にあって、団体旅行向けの和式客車は大人気で、1978年まで全国で作られたスロ81系も引っ張りだこだったようです。東京も多数の予約に対して他局から借りて運転する状況であったことから、増備することになったとのこと。

この客車の製作にあたっては大宮工場でプロジェクトチームが発足し、和式客車としての内装や編成としての電源設備などに相当工夫を凝らして設計された様子が熱く語られていました。

IMG_0073.jpg
▲1車輌に二か所ある欄間は、秋田杉の一枚板からなるとか!

各号車に床の間を設けたり、天井の杉の柾目の方向をそろえたり・・・実は贅をこらした車両なんです。
昔は旧型客車をお座敷にしただけで、なんでグリーン車なんだよとか、ケチをつける気持ちがあったのは否めないのですが、今この新車ガイドの紹介文を読んでしまうと、過去の浅はかな自分を恥じるばかりであります。

IMG_0074.jpg
▲スロ81。今はすっぴんですが熱い思いにこたえるべく、丁寧に仕上げてゆきたいと思います。

紹介されていた鉄道ファンは1980年8月号ですが、記事には「54年度6両を改造することになった」とありますので、1979年度予算、1980年初頭に竣工だったのでしょうか。このあたり、今のところ確かな情報が得られておりません。

IMG_0075.jpg
▲スロフ81。テールサインもこれから。

青15号に腰板部の白帯二本が良いです。もちろん、これ以前のグリーン帯もよかったのですが、筆者的には白帯二本のほうが何だか特別な感じがするので好みです。
旧型客車最後の特急列車となった、お座敷踊り子号とか、筆者自身がこの列車に乗って宴会している姿とか(笑)・・・妄想が膨らみますなぁ。

IMG_0066.jpg

See You !

田端近況(2017/4/8)


▲BIALS TL125 とDE10 1654

バイクで田端を通りましたので軽く撮影。もう暗くなりかけていましたので、ちょっとだけですが。
田端は御覧の通り、線路際に無粋な柵が張り巡らされてしまい、ちょっとねーな感じ。
でも機関車を間近に見ることが出来るのは良いですね。

IMG_0042.jpg
▲お立ち台の上に上がり、柵の上から。

DE10のエンジンが乗っていない側の短いボンネットも良いですね。そういえば我が機関区にはない型式です。
DD13が淘汰されることを恐れて、導入していません。
あ、ちなみに導入するとしたらエンドウのでしょうか。もちろん、ムサシノモデルが製品化してくれれば増備しますよ。

IMG_0037.jpg
▲EF65PFの国鉄色ばかり4両程度はいたでしょうか。

DE10とEF65PFともに安心の国鉄色です。2形式とも昔はむしろ新型機関車の部類に入っていたと思うのですが。
田端もつい最近まではEF510やらEF81でにぎわっていたのに、この日はDE10とPFのみでした。

IMG_0043.jpg
▲少し明るめに。

同じような角度しか撮影できなくなってしまったのも微妙ですが。
今度は脚立でも持ってきてみましょうか。夕暮れ時でしたので、撮影はここまでです。
ではでは~

TOMIXのEF81国鉄常磐線仕様(PSモデル)

IMG_9971.jpg
▲今更ですが、TOMIXのEF81国鉄常磐線仕様(PSモデル)を導入してみました。

機関車はブラス製を、と頑なに守ってきた自己規制をあっさりと破り、TOMIXのプラスチック製機関車を導入してみました。ブラス製ですと天賞堂のものがあるんですけどね・・・おいそれと購入できるお値段では有りませぬ。


▲PSモデルなので取り付ける部品は最小限に抑えられています。

でも、ですよPSモデルですから、パンタや手すり類は金属製。通常の製品は碍子が緑の日本海縦貫線を想定しているのに対して、碍子が白い田端機関区新製配置グループです。

IMG_9967.jpg
▲田端の機関車のマストアイテム?常磐線無線アンテナ付きです。

というわけで、ナンバープレートを貼り付けます。
あらかじめ用意された87号機(三菱)、94号機(日立)の金属製プレートはともに、1978年に田端に配置された2次型ですので、そのまま利用することにしましょう。
ちなみにのっぺらぼうのプレートに、付属のメタルインレタを貼り付けることで好きな番号を設定できますが、そこは筆者、楽なほうに流されます(笑)

IMG_9937.jpg
▲金属製プレートは丁寧に切り離し、バリなどはカッターで削り落としておきます。

ごく少量のゴム系接着剤を塗り付け、いざ!

IMG_9938.jpg
▲EF81 94号機(日立)とするつもりでした。

正面用のプレートは、中央に凹線が入っており、車体に合わせて折り曲がきく親切設計です。が、これが災いとなりました。
アホなことに反対側のプレートを色々いじくって調整しているうちに真ん中でポッキリと折れてしまいましてorz

IMG_9946.jpg
▲仕切り直し!!

失敗は許されないEF81 87号機(三菱)を緊張しながら貼り付ける羽目になりました。
ああ、こういう部品取り付けってホント苦手ですなぁ。

IMG_9947.jpg
▲うん。良いんじゃないでしょうか。

サイドも同じように。
高さなどは解説図を読んだ後、実車の写真なども参考に。

IMG_9952.jpg
▲こちらは平面ですので車体を寝かせることで簡単に施工できました。

IMG_9953.jpg
▲ナンバープレート、メーカープレートが入ると良いですね、やっぱり。

車輌が活きてくるというものです(*^。^*)

IMG_9958.jpg
▲それにしても、このローズピンクという色、良い色ですね。

国鉄時代は415系とともに、何となく常磐線のさえない色といったイメージでしたが、今見ると何とも良い色に感じるから不思議です。TOMIXさん、403系、415系も出さないかなぁ。

竣工記念に。

IMG_9959.jpg
▲2エンド側の手すりが微妙に曲がっているのが残念です。

PSモデルとして高めの値段設定な訳ですから、もう少し品質管理に気を配って欲しいものですが、それなら自分で真鍮線を折り曲げて作ればよい訳ですからね。これでも、手で壊れない程度にぐっと力を入れて抑え込んでみたら、箱から出した時よりは少し治ったような気がしてます(^^ゞ
量産品でここまできれいにできる訳ですから、そこはぐっと飲みこもう。(プラスティックモデルを選択するということは、そう云う事なんだと。)

IMG_9965.jpg
▲1エンド側はまともです。

IMG_9970.jpg
▲先日の客車と並べてみました。

配置当初は常磐線はEF80の牙城で、EF81は隅田川-福島の貨物列車専任だったようですが、EF80廃車とともに次第に勢力を伸ばしたようです。ごらんの荷物列車の牽引は無かったと思いますが、常磐線や水戸線の晩年の旧型客車列車ぐらいは牽引させても良いのかもしれませんね。

当線では、上野口の万能機として活躍してもらいましょう。

フジモデル塗装済みキット マニ37(スロ50改)を組み立てる(3)


▲悩んだ末、マニ37 2005を選択。

窓セルを張ってから随分時間がたってしまいました。
そんな予感はしたのです。

正月休みが明けて、仕事が始まってしまうと週末だけではこの作業をやる気力がわきません。
3連休の三日目にようやく手が付き、とりあえず完成に持ち込みました。

IMG_9880.jpg
▲2005番のある時代は盛モカに居りました。

東北筋のマニ37のうち、スロ50改造タイプで、台車軸受が軸箱となるとほぼ選択肢が限られてしまいます。スロ60タイプで、コロ軸受ならば色々選べるのですが。(ってことで後日スロ60タイプも追加発注しちゃいました!こちらは津軽風編成にする予定です。)

IMG_9881.jpg
▲ちゃんと妻面の検査表記も入れました。えらいでしょ!(老眼にはきつかった~)

ってことで、組み立て塗装済みキットですがひとまず完成!

IMG_9891.jpg
▲フジモデル マニ37 2005 盛モカ

青い荷物車(パレット対応)というのも刺激があって良いものですね。
しかしこうなると荷室の鉄格子の本数にもこだわりたくなってきました。次回作、スロ60タイプはやってみましょうか!

IMG_9895.jpg
▲並べて楽しむ!

そういえば、この塗装済み組み立てキット、妻面の貫通ドアが無いんです。工房ひろさんで良いパーツが出ているようなので次回作には色々と盛り込みたいですね。日光モデルでコロ軸受けのTR23も調達せねば。

IMG_9893.jpg
▲車掌室から向こう側が透けて見えてしまうのもNG!

室内も何とかしますか。この車両の改善策として。

IMG_9899.jpg

こうして荷物車が増えてゆくのですね。

大井川鐡道 新金谷駅訪問(2017/2/26)


▲新金谷駅にて元南海電車とご対面。湘南タイプの前面に感激!そのバックにいる客車もすごいですが。

親しくしている会社の同僚の実家が三ケ日でミカン農家をやっていて、ミカン狩りに誘われたので行ってきました。
で、その帰り、車でしたが念願の大井川鐡道新金谷駅に立ち寄ってきました。
実は筆者、大井川鐡道を見るのは初めてだったのです。

DSC_5170.jpg
▲昭和の美しい電車です。どうやら当日愛好家団体の貸し切りがあったようです。

筆者、阪急電車の文化圏に住んでいたので、南海電車には縁がありませんでした。大阪地区の電鉄会社では珍しく狭軌でしたし、阪急のような洗練された感じがなく、子供心に何となく興味がわかなかったのも事実です。
シャアのあの有名なセリフが思い浮かんでしまいます。「坊やだからさ」

さてさて、大井川鐡道というと動態保存されたSLを運行していることで有名ですが、もちろんSLも良いですが、筆者の興味は旧型客車にもあります。この日は偶然運転日でして、時間があれば乗ってみたかったのですが叶わず、敷地外から写真を撮るにとどまりました。

DSC_5174.jpg
▲スハフ42 186 旧客の中でも比較的新しい部類の急行型客車ですね。

JR東日本や大井川鐡道でこうして出会うことができるものの、普段は模型でしか見ることが出来なくなってしまいましたね。乗り心地の良いとされるTR47も良いですね!ドアは更新、トイレ窓も改造されたタイプのようです。

次に手前にいたオハ35系の3両編成を観察してみました。

DSC_5184.jpg
▲オハフ33 215 戦前の客車です。

上野駅に旧客の普通列車が残っている頃、編成中のオハ35系を探して乗ったものです。編成中に1,2両はついてました。車内に入ると木製の内装、白熱球の電球がなんとも良い雰囲気でしたね。そんなことを思い出します。台車はTR23のコロ軸受け改造タイプですね。

DSC_5190.jpg
▲オハ35 22 こちらはオハフ33の車掌室がないタイプ。

模型の世界では、今年になってようやくオハフ33とオハ35の茶色を見つけたもんですから、ついつい本物のほうにも見入ってしまいました。そしてこのオハ35のほうは、同じTR23ながらもコロ軸受改造されていない軸箱タイプでしたね。

DSC_5206.jpg
▲こうやって見比べるとよくわかります。おや?ドア窓の高さも違うようです。多分、左側がオリジナル。

ほんと、勉強になりますなぁ。
それにしても、戦前の車両、台車がこうやって現役で走っているわけですから、これは実にすごいことです。これらを現役として維持していくことが、一ローカル私鉄にとってどれだけ大変なことか。(と勝手に想像してしまっています。)

DSC_5191.jpg
▲3両目はオハフ33 435。再び緩急車です。

車体の補修のあとが痛々しいです。
そういえば、確かJR西日本では、これらの旧型客車を復刻「新製」するらしいですね。(マイテ49、オハ35、オハ31)オハ31ってところも渋いですが、一体どんな車両ができるのやら、楽しみです。

DSC_5192.jpg
▲全体的な雰囲気も含めて、この並び。平成29年の写真とは思えませんね。ありがたやー。

で、SLはどうしたのかとお嘆きの諸兄。

DSC_5197.jpg
▲C12164

国鉄の制式機関車としては最小クラスですね。でもバランスが取れてきれいな車体だと思います。転車台に載せていますが、どうも最近火が入ったような雰囲気にありません。もう動かない機体なのでしょうか。

その向こうでは煙が。

DSC_5203.jpg
▲一番手前のC56jは釜に火が入り蒸気圧調整中。

大井川鐡道では近隣の迷惑とならないよう、連続運転日でも夜には火を落とし、朝また火を入れるそうです。それだけ準備に手間がかかるとか。この日もシュポシュポ音をさせていましたが、出発まで一時間以上ありましたので、これ以上は深追いできませんでした。一度しっかりと時間をかけて訪問したいですね。

DSC_5205.jpg

大井川鐡道、新金谷駅。魅力的なスポットでした!
プロフィール

ウラタニハ

Author:ウラタニハ
はにたらうの”ウラニハ”へようこそ!1970年代~80年代に活躍した鉄道が忘れられず模型の世界にどっぷりとハマっています。たまに実物も。更新頻度は高くないかもしれませんが、とりあえず出発進行!

カテゴリ
カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR