FC2ブログ

ムサシノモデルの東京都電6000形

sIMG_1978.jpg
▲ムサシノモデル ノスタルジック・トロリーラインズ13 東京都電6000形改造車シリーズ

前々回の記事で少しだけ触れたムサシノモデルの東京都電、今回久しぶりに新車導入となりました。記念写真を取り直しましたので、改めてご紹介します。

sIMG_1977.jpg
▲今回導入となりました6140号車(Bタイプ 側面雨樋高、窓下までの水切付、コードずり大、行き先表示原型)

ムサシノモデルでは、都合3回6000形をモデル化しておりますが、この製品は10年前に出た3回目の製品です。この時は5タイプの6000形が製品化されました。もちろん、その都度異なるタイプを発売しておりますので、全て揃えると壮大なのでしょうが、そこは予算との兼ね合い。筆者10年前はおいそれと購入できるような元手も無く1両でも夢のまた夢、こうやってオッサンになってようやく在庫を見つけ出してはコレクションしております。

sIMG_1962.jpg
▲側面窓は原型(アルミサッシ化されていません)、側窓手すりは車内に取り付けられているタイプ

6140号車 昭和24年度 日本車両製造本店 製造

昭和24年度からの外板が厚くなったタイプです。日車本店製造、荒川遊園地に保存されている6152号車とほぼ同じ成り立ちですが、あちらの台車は最後まで現役だったこともあるのか、D16に振り替えられてしまっていますね。6140号車はほとんどを錦糸掘で過ごし、葛西橋-須田町間の29番系統などで使われたようです。いくつかの改造を経て屋根ぎりぎりまでの雨樋と、窓上の水切りの両方が付き賑やかですね。

sIMG_1989s_20131229021221f33.jpg
▲床下に抵抗器がある側に向きを変えて。

床下機器は配管類も含めて可能な限り再現されています。(モータは床下の目立たないところに収まっています。)ビューゲルも泰平型と明石型を作り分け、もちろんインテリアもフル装備。おまけに走りも良いとは。さすがムサシノモデルと言えるものです。

sIMG_1979t.jpg
▲以前ご紹介した6053号車と並べて

sRIMG15647t.jpg
▲正面から

6140号車に比べてたった1年前に製造された6053号車ですが、こちらは更新修繕工事を受けてアルミサッシとなっております。雨どいの位置や側面手すりの取り付け位置の違いなど、同じ6000形でも印象が随分違うものですネ。

sIMG_1992t.jpg
▲6053号車は水切が無く、窓もアルミサッシに改造されるなど、端正なイメージです。

sIMG_1993t.jpg
▲こちらも抵抗器が見える側で。

筆者、東京都電全盛時代を知らない世代なのですが、僅かに残った地元荒川線を通じてその魅力にどっぷりとハマっております。書籍、趣味人のホームページ、保存車、そして模型を通じて当時に想いを馳せる、というのも悪くないですが、東京オリンピックに向けて環境都市東京をアピールするために都電荒川線の延伸を考える、そんな都知事立候補者が居たら投票しちゃうな~!!

激務だった2013年も間もなく終わり。(てか大晦日に仕事あるんですけど)冬休みを使ってデカール類を張ってみようかな・・・(そんな整備待ちの模型が山積みorz)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ウラタニハ

Author:ウラタニハ
はにたらうの”ウラニハ”へようこそ!1970年代~80年代に活躍した鉄道が忘れられず模型の世界にどっぷりとハマっています。たまに実物も。更新頻度は高くないかもしれませんが、とりあえず出発進行!

カテゴリ
カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR