FC2ブログ

京成電鉄 日暮里界隈の風景(1)


▲何となく京成電車を見たくなり、2013/6/30日曜日の夕方、カメラをもってご近所の跨線橋に行ってきました。

電車をばっちり撮る、というか、何となく眺めに行ったという程度なので、あまり写真内容には期待しないで下さいね!何しろ車両に対して障害物だらけですので。

この場所、常磐線、東北高崎線、京浜東北線、山手線をまたぐ場所で、かつ横に京成本線が走っているという電車を眺めるにはとても良い場所なのです。日暮里の下御院殿橋よりも人は少なく、落ち着いて静かに見ることができますね。

ただ、橋の両側には古ぼけた金網が高くそびえており、あまりスマートには電車を見ることはできません。ところどころ金網が破られている場所があり、そこにレンズをつっこんで写真を撮ることになります。

sDSC_1462.jpg
▲3500形 Keiseiの筆記体プレートが良いですね。

京成の鉄橋の上野側には列車が接近すると点滅するランプがあり、写真を撮るタイミングが分かりやすくて良いです。ま、電車はひっきりなしに来ますので、慌てることは無いのですが。

sDSC_1438.jpg
▲3400形 通勤電車としては最後の鋼製車体を持つ今となっては貴重な存在。確か足回りは初代AE車のハズです。

京成電車も今のところ様々な型式が走っておりますので、見ていて飽きないですね。このようにターゲットの車両が上野方面に上って行ったということは、上野駅は2面4線ですので、4本待てば戻ってくることになります。

sDSC_1448.jpg
▲御馴染、現代の主力3000系がスカイライナーと離合。

sDSC_1446.jpg
▲というわけで3400形、再び成田方面に。緑のサインは快速特急でしょうか。

sDSC_1451.jpg
▲スカイライナーも成田空港に向けても結構な本数が走っています。

スカイライナーのデザイン、独特のクセがありますね。如何にも京成電車って感じで感じで筆者は好きですが。

sDSC_1455.jpg
▲3700形初期車が上野に。3400は3700と同じスタイルであることが良くわかります。

3700形は一時増備が続けられて3800台の後期型まであり、3000系が出るまでは京成通勤型の主役でもありましたね。

sDSC_1456.jpg
▲おやおや、緑の山手線が通過。JRの車両も侮れないです・・・

金網デスマッチ!?なのでアングルの自由度が少ない点、お許しください。

sDSC_1464.jpg
▲3050形 アクセス特急も上野に。もう遅い時間です。

あたりは急に暗くなってきました。ISOを3200まで上げて・・・

sDSC_1467.jpg
▲先ほどの3700形が戻ってきました!

sDSC_1471.jpg
▲ちょっと別のアングルから。今度は3400形が上野に。

sDSC_1472.jpg
▲アクセス特急も再び成田空港に向けて出発です。

sDSC_1473.jpg
▲この青い帯の入ったサイドビューが新鮮で良いですね!さながら現代の「青電」でしょうか。

ちなみに同じ3000形でもノーマルのものは・・・

sDSC_1476.jpg
▲3000形のサイドビューはこんな感じです。

こちらは車体とドアの質感の違いが目立って、それはそれでカッコ良いです。今や京成電鉄には3000形が溢れておりますが、これはこれで名車だと思います!

(長くなりましたので、つづく)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ウラタニハ

Author:ウラタニハ
はにたらうの”ウラニハ”へようこそ!1970年代~80年代に活躍した鉄道が忘れられず模型の世界にどっぷりとハマっています。たまに実物も。更新頻度は高くないかもしれませんが、とりあえず出発進行!

カテゴリ
カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR