FC2ブログ

EF65 500Fの世界


▲1990年代天賞堂のEF65 500Fです。筆者にとっての初めての16番ゲージ車両であります。

皆様は、初めて購入した鉄道模型を覚えていますか?筆者の場合は、Nゲージでしたが、小学2年生のときに親から買ってもらった関水金属のキハ20、キハユニ26、ツートンの一般色でともにモーター無しでした。恐らくよく見慣れていた当時の大阪市営地下鉄中央線と同じ色、ということで気に入っていたのだと思われます。

で、これが16番ゲージとなりますと、最初のNゲージから30年以上経てすっかり大人(というよりはオッサン)になってからようやく手にするわけですが、清水の舞台から飛び降りたつもりで購入したのが、この天賞堂の機関車EF65 500Fな訳です。

sDSCN0275.jpg
▲購入したばかりで番号など何も張っていません。牽引するものも、とりあえず購入したKATOのワム8のみ。

当時、何とも言えぬ高揚感に包まれながら、この模型が展示してあった吉祥寺ユザワヤに向かったのを覚えています。で、実際に製品を見せてもらったところ、500Fの特徴であるひさしが曲がってるじゃないですか!!10万円以上だしてこれじゃ駄目だ!というわけで、さらに在庫を確認してあった板橋のムサシノモデルに行き購入したのがこのモデルです。

皮肉なものですね・・・今となってはムサシノモデルからは最新式のEF65シリーズが発表されています。(いや予定だったか!?)また天賞堂もあれから10年以上経て再発売となっていますね!

sImg2493.jpg
▲その後購入したEF60と並べて。

初めての16番ゲージ、しかも天賞堂の機関車の衝撃は凄まじく、その重量感、本物みたいな存在感、塗装の美しさ、そして500Fの特徴である連結器やスカート周りの緻密さに毎日のようにうっとりとしたものです。走る模型として見てもTAギアの走りはなめらかで、これが16番ゲージというものかと感慨に浸ったのです。この模型をきっかけに、大量のNゲージよりも少量の16番、ということで路線変更したわけですが、その後、16番車両は地道に追加され・・・今では結構な量数になっています。

sImg2507.jpg
▲ナンバーはEF65 520としました。

EF65の500Fと云えば、当時ブルトレ牽引でスーパースターだったP型の貨物版で、比較的地味な存在でした。(筆者好み)高速貨物列車牽引用に連結器やブレーキ回りが強化され、独特の精悍な面構えが特徴です。しかしながら東海道本線で高速貨物として活躍した時期はごくわずか、EF66の登場によりその座を追われてしまいました。

所属は新鶴見としていますが、実際にこの装備(つらら切り、スノープロー付き)となっていたかは不明です。東海道線時代に設置されたスノープロー、上越線乗り入れのためのつらら切り(訂正)が同時についていた時期はごくわずかとのデータもあり、このフル装備の姿は架空であるというのが一般的です。

また、ひさしの上部が青色に塗られているのはエラーかとも思いましたが、最近のムサシノモデルさんの書き込みを見るとあながちそうでも無く、ひさし上部が青色だった時期もあるとのこと。ちょっとホッとしています。

sImg1772.jpg
▲お似合いの貨車は、やはりワム80000でしょうか。

ウラニハ機関区の直流貨物機関車仲間のEF60、EF13とともに新鶴見を拠点に首都圏貨物輸送に活躍しております。KATOのワム80000、ホキ2200、天賞堂のワキ5000といったあたりがお似合いですね。TOMIXのエンドウのレ12000とかワム70000なんかも適当に混ぜてやると良い感じです。

sImg1801.jpg
▲レの白い車体も良いアクセントになります。

実は似合いそうな貨車として、仕掛中のTOMIXコキ50000なんかもあるのですが、一体いつになることやら・・・

機関車+貨車というのは16番ゲージでお手軽に楽しめるアイテムですネ。機関車単体としても楽しめますし、連結する貨車によって様々な雰囲気を楽しめます。なによりプラスチック製貨車は比較的リーズナブルなのでお勧めです。でも、やはり機関車だけは無理してでも真鍮(ブラス)製が良いですね。

以前お試しでプラスチック製機関車を導入したこともあるのですが・・・

sRIMG0559.jpg
▲わが機関区のブラックな歴史・・・センゴック君。ほとんど活躍することなくドナドナとなりました。

ああ、わが悲しみのセンゴック。この後、わが機関区の機関車は国鉄世代に統一することにしました。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ウラタニハ

Author:ウラタニハ
はにたらうの”ウラニハ”へようこそ!1970年代~80年代に活躍した鉄道が忘れられず模型の世界にどっぷりとハマっています。たまに実物も。更新頻度は高くないかもしれませんが、とりあえず出発進行!

カテゴリ
カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR