FC2ブログ

京成3300形の状況(2013年6月)Part1


▲京成高砂駅5番線ホームより

これまで地元京成電鉄をあまり取り上げていませんでした。そこで今回は無くなりつつある昭和の電車、3300形をレポートしたいと思います。

3300形はいわゆる「赤電」のうち最後に作られた形式です。今年初めのころまでは赤電、青電(実際に3300形が青電になったことはなかったのですが)、ファイアーオレンジと復刻塗色にされファンの間でも盛り上がりを見せていましたが、そんな時に限って写真を撮っていない筆者でございます。そんなわけで、復刻版が退いた今、現行塗色の3300形はどうなっているのか!?ぶらり出かけてみました。

「下町日和」という京成線の都区内がフリーとなる切符、500円也を購入し出かけてきました。とは言っても今や京成本線上は早朝深夜しか4両編成は来ませんので、金町線に向かいます。京成高砂駅で降りて階段を上がり、少し離れた5番線に向かいます。昔は金町線は同じ地上の4番線からの発着だったという記憶でしたが、今や一度改札を出なければならないのですね。(昔の金町線の発着について後日訂正)

sDSC_1372.jpg
▲車内はそこそこの乗車率。さすが柴又という観光地を抱える路線です。

扇風機やクリーム色の壁、臙脂色のロングシートが如何にもそれらしくて良いです。

sDSC_1376.jpg
▲昭和の世代には馴染みのある運転席ですね。

高砂を出て高架線を降りるとすぐに柴又。

sDSC_1378.jpg
▲柴又では金町からきた電車と交換。

sDSC_1379.jpg
▲本日はこの3500形と当方の乗った3300形の2編成で運用しているようでした。

sDSC_1381.jpg
▲金町に向けて発車していきました。

日中時間帯は1時間に4本しかないので、3300形狙いということは・・・1時間に4回のみ。戻ってくるのを待たねばなりませんね。

(つづく)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ウラタニハ

Author:ウラタニハ
はにたらうの”ウラニハ”へようこそ!1970年代~80年代に活躍した鉄道が忘れられず模型の世界にどっぷりとハマっています。たまに実物も。更新頻度は高くないかもしれませんが、とりあえず出発進行!

カテゴリ
カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR