FC2ブログ

カツミ2013年春の運転会

目黒川に満開の桜が咲き誇る中、今年もカツミの春の運転会に参加して参りました。

sRIMG14718.jpg
▲今回持参するのは昨今マイブームの気動車を少量。

左より、キハ23500番台タラコ(カツミ)、キハ55バス窓、キハ55シールドビーム雨どい帯無し、キハユニ26タラコ(3台はエンドウ)

持参する車両の車輪を磨き、軸受けにはタミヤのセラミックグリスを少量塗布。運転会でキーキー車輪がなってしまうのはカッコ悪いですからね・・・

wRIMG14725.jpg
▲友人S氏の持参した長野電鉄2000系とともに。

カツミさんの組立式レイアウト、有効長が長く確か新幹線のフル編成もOKです。よって皆さん華やかで長い編成を持って来られるようですので、筆者のように地味な編成だと、本当に申し訳ない感じなんです。

sRIMG14731.jpg
▲写真集で見かけた会津線の晩年の編成を再現してみました。キハユニが連結されていた最後のころの編成です。

この後、実車はキハユニが廃止、キハ23はキハ40に、キハ55はキハ58に振り替えられていたと思います。

wRIMG14730.jpg
▲自己満足の世界です。

実は写真を見ていたら幌は反対側だったということに気が付き、先日ご紹介していた1-2位側の黒い幌はヤメにしました。ついでにキハ55からグレーの幌を流用して3-4位側に取り付けました。ちなみに黒い幌はキハ55の初期型に取り付けました。

wRIMG14738.jpg
▲2回運転する機会がありましたので、キハ55同士の編成に組み換え。縦型DMH17Cの4エンジンの轟音が聞こえてきそうです!

気動車ファンとしてはバス窓のキハ55は外せないところです。晩年はシールドビーム化されたり、雨どいの赤帯が消されたり、タラコになったり相当草臥れていましたが、筆者のキハ55バス窓車は機関区の職員の愛好家たちがオリジナルに復元した、という想定にしましょう。国鉄時代にキハ55に乗ることはついぞ有りませんでしたが、田舎の駅で普通列車としてこんな編成がきたら嬉しかったでしょうねぇ。

sRIMG14744.jpg
▲友人K氏の近鉄やS氏のDD50牽引の編成に囲まれて

皆さんそれぞれ色んな車両の中で運転するって楽しいですね!こんな機会を設けてくださるカツミさんに感謝でございますm(__)m
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ウラタニハ

Author:ウラタニハ
はにたらうの”ウラニハ”へようこそ!1970年代~80年代に活躍した鉄道が忘れられず模型の世界にどっぷりとハマっています。たまに実物も。更新頻度は高くないかもしれませんが、とりあえず出発進行!

カテゴリ
カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR