FC2ブログ

カツミ模型店のKP-23


▲カツミ模型展D.C.POWER PACK KP-23(昭和57年=1982年)

縁あってカツミ模型店のKP-23を譲り受ける事になりました。
1982年ごろに購入されたもの。筆者「中2」の頃ですな。
KATOだとパワーパックスタンダードというやはり青色のパワーパックが全盛の頃ではないでしょうか。

※それにしても色んな意味で、筆者も「中2」でした。フォッフォッフォ・・・(謎)

sIMG_4280_1931.jpg
▲箱はこのようなもの。ラベルには「ご奉仕価格 ¥4,370円 模型ニットー教材」の値札がついておりました。

カツミのKP-23で検索すると、このモデルは随分と長い期間作られていたモデルのようで、ほとんどの写真は黒い筐体でランプの位置が前後切り替えスイッチと速度調整レバーの間にあるようです。また、前後スイッチとレバーの間にあるブレーカーの回復スイッチ?は黒(旧モデル)には無かった装備のようです。
いくら検索してもこの青色の箱のものはヒットしませんでした。マイナーなモデルなのでしょうか。

sIMG_4273_1925.jpg
▲ラベルをアップしてみます。

ラベルからスペックを書き出してみると以下の通りです。

INPUT.100V.50-60Hz.22VA.OUTPUT.D.C.0-12V.0.8A. A.C.12V.0.1A. K.K.IMAI.S.S

おお、久米川にあった今井製作所製ではありませんか。
※TMS最新号の広告欄には、「今井モデル」として現在も掲載されています!
昔からこうした制御器を得意としていた模型メーカーです。
昭和50年代後半だと思います、私が高校生の頃か?浪人生のころか?確か老夫婦がやっていて、友人S君が詳しくて連れて行ってもらいました。もう店じまいが近かったのか古い模型やトランジスタコントローラなどを格安で販売していましたので、その後もよく訪れたものです。
今ほど情報化時代ではないので、知っている人は知っているぐらいのレベルで、お値打ち品があってもそんなにハゲタカのように荒らされることはなかったですねぇ。のんびりした時代でした。

で、このパワーパック、注目すべきはDC出力なのですが、最大12Vとなっているところ。
これはNゲージの電圧ですね。
ネット上で見つかる黒いKP-23の多くは最大16Vのようです。(D.C.15-6V.0.7Aとの表記)
一方で電流は黒が0.7Aに対して、青は0.8Aになっています。
同じ型式でも時代によって微妙に仕様が異なるようですね。

さて、動作確認してみましょう。

sIMG_4272_1924.jpg
▲割と走行性能が安定しているTOMIXのEF81にご登場いただき、レールはとりあえずKATOで。

sIMG_4271_1923.jpg
▲とてもスムーズに走りました。

電気コードの接続部分はネジを回して緩め、穴に線を通して締め付ける一般的なタイプ。
コネクターはこういう原始的なタイプのほうが助かります。
エンドウの標準的なコードならそのまま使えますね。KATOのレールならジョイントを切ってコードをむき出しにし、よっておけば十分です。(余裕のある人はハンダコーティングしておくと解れません。)

sIMG_4275_1927.jpg
▲前後進切り替えスイッチ

sIMG_4277_1928.jpg
▲スピードコントローラ(なんと速度目安が表示されており、MAXは150km/h相当??)

夢が広がりますなぁ・・・
スイッチ各部は節度があり、昨今の各社製品よりもしっかりとした作りですね。昭和のmade in Japan、今よりも職人魂が込められていたと想像したくなります。
このスイッチ、このつまみもとても扱いやすい形状でしっかり感がありますね。とても良い品だと感じました。

sIMG_4274_1926.jpg
▲裏面・・・は特に何もありませんでした。

シンプルで使いやすそうなパワーパックですね。
大事に使いたいと思います。

おまけ。

sIMG_4279_1930.jpg

こちらも久々登場。EF81国鉄タイプ標準色(TOMIXプレステージ)でした。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

PP

その時代、HOは大容量が必要だったと思われますが、
意外に小さい電流値ですな。
今の製品は省エネ。
MPギアに灯りはLED、
1A届くかな?って負荷容量。

それはそうと、高校生の時だったかな、今井製作所へはトラコンを
買いに久米川へ連れていってもらった記憶がよみがえり、懐かしい。

閑話休題
9月1日まほろば運転会で新車入り。
こちらもボチボチでんな~

コメント有難うございます

魔板K@なーらーさん
こんばんは。いつもコメント有難うございます。
久しぶりの奈良生活を堪能しておられようですな。
新車レポート、よろしくお願い致します。

さて、仲間に加わった今井製作所製のカツミKP-23、中々好感度の良い制御器です。
ウチのエンドウEP80や、KATOのKC-1+KM-1、などとうまく住み分け出来れば。
そうそう、この交流電源に、懐かしの今井製のトランジスタコントローラを接続しても良いですな。
#今、タンスの引き出しから引っ張り出してみたら、CB-13という形式でした。

その様子は、またいずれレポートします。

はじめまして…ちとカツミのトランス懐かしい

はじめまして…カツミのトランス見て懐かしくなりコメントしました。うちのは2P3Aが現役です。(笑)ちとアンペア系などつけました。普段はエンドウのEP使用
昔からHOをやっております。1962生まれです。40年前に始めました。
うちも自宅運転やりたいですがマンションで狭いのでテスト走行しか出来ません。車両はカツミ・エンドウ・天賞堂が多いです。月一で都内で模型倶楽部の運転会に行ってきます。かなり広いレイアウトです。レールはエンドウ使用
寝台特急ブルトレ系が好きなので走らせてます。何人か友達も出来たので楽しい運転会の時間を過ごしてます。また模型のお話し出来たら嬉しいですね。宜しくお願いします🙇⤵️うっちゃんより

コメントありがとうございます

うっちゃんさま
コメントありがとうございます。
やはり普段使いはエンドウEPとなりますか!万能ですものね。我が家はこれまでKATOとエンドウでしたが、やはりEPメインでした。カツミのパワーパックがどこまで食い込めるか!?
さてさて、40年前に模型を始められたとの事、まだNゲージが出始めの頃で積水金属が頑張っていた頃ですね。
私はまだ小学生の頃ですので、積水金属のキハ20系がやっとでした。老眼になった今、こうして16番ゲージを楽しめる幸せを噛み締めています(笑)
これからもお互い楽しい模型生活を送りましょう!

昔のカツミの模型は頑丈でしっかりして良かったですね。

こんにちは…昔のカツミの模型は頑丈でしっかりしてました。塗装も焼付塗装でかなり厚塗りでした。今はかなり高額で手が出ないですね。最近はプラも出て手軽に変えます。でもうちはどしてもブラスに拘ってしまいます。やっぱり走ると音が全然違いますね。でも鉄道模型は自分でやれるから楽しみがわきます。(笑)毎月走る車両を変えて楽しめるのが嬉しいですね。(笑)
プロフィール

ウラタニハ

Author:ウラタニハ
はにたらうの”ウラニハ”へようこそ!1970年代~80年代に活躍した鉄道が忘れられず模型の世界にどっぷりとハマっています。たまに実物も。更新頻度は高くないかもしれませんが、とりあえず出発進行!

カテゴリ
カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR