FC2ブログ

エンドウの名鉄キハ8500系をIMONカプラー化する(その2)


▲左:デフォルトのダミーカプラー、右:IMONカプラー231。やっと自然な長さになりました。

IMONカプラー235を取り付けてみたところ、思いのほか首が長くなってしまい、急遽秋葉原IMONにてIMONカプラー231を調達。帰宅後、全ての連結器を交換しました。

sIMG_4153_1867.jpg
▲IMONカプラー231は10set購入しました。

sIMG_4154_1868.jpg
▲手前:エースカプラー、奥:IMONカプラー231

エースカプラーよりも車間が詰まりました!後は我が家の最小カーブ、S字カーブで走れば良いですね。
てか他に良い連結器が無いので、後戻りする気も起きないのですが・・・
これでダメならIMONカプラー233が開発されるのを待ちますかねぇ。

#ここで不安になって、我が家のR750のS字カーブを通過させてみましたが、結論としては何ら問題ありませんでした。でもこれ以上の急カーブは無理です。(ホビーセンターKATOは対応不可)

sIMG_4157_1870.jpg
▲あるはずのない電連が消えてスッキリした連結器周り。

先頭車同士、あるいはキハ8555との先頭車部との連結など、本来の気動車が持つ自由を楽しめそうです。
基本的には以下のルールを守れば、OKです。
・8501,8502はJRキハ85系との連結用に、先頭車連結通路が高く低くなっている。(よって編成内側には使えない)
→ 静音のため二重床構造になっているキハ8500は、JRキハ85よりも床が高いので、連結面に向かって下りスロープが付けてあったのでした。
・8504,8503,8555は両側とも名鉄車両の高さ。
・8504,8555は車販室があるので、編成中どちらかは必ず連結する。
・8504,8555のドア側は新名古屋向き

とりあえず日本車輌落成時の編成で組成し、写真を撮ってみました。

sIMG_4186_1879.jpg
▲対名鉄車連結用の8503(左)と対JR車連結用の8501(右)

sIMG_4193_1883.jpg

手前:8501(M)+8504
奥:8503(M)+8555+8502

うん。編成が引き締まって見えます。

sIMG_4188_1880.jpg
▲連結間隔もバッチリ!

sIMG_4179_1875.jpg

sIMG_4190_1882.jpg

長年の懸案だったキハ8500の連結器問題が解消されました!
何しろ、我が鉄道のフラッグシップ「北アルプス号」!ここのところ出番が少なかったですが、カミンズエンジンを山間に、新名古屋駅の地下ホームに、犬山橋に、そして会津地方にも((^ ^))轟かせながら、これからも大いに走らせたいところです。
体調のすぐれなかった3連休でしたが、最後は気分良く終えることができました。

(おしまい)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。
カプラーの交換作業、お疲れ様でした。よい感じに仕上がりましたね。
私も車両間距離が気になる方なので、お気持ちがよくわかるような気が致します。体調にお気をつけて、ゆっくり工作をお進め下さい。

コメントありがとうございます

鉄重さま
コメントありがとうございます。
名鉄キハ8500系列は運転席側がダミーカプラー、貫通路側がエースカプラーとなっており
模型として気動車の自由度が活かすことができませんでしたが、これでスッキリとしました。
見た目にも、電気連結器をなくすことができて良かったと自己満足しております。
IMONカプラーはわずかながらも伸縮機能があり、車両間隔はより実感的なものになりますので、
運転環境さえ気になさらないのであればオススメです。

体調についてはお騒がせしております。この1週間ですっかり復調いたしました。
色々と一区切りついたので、次は何をしようかなぁと手持ちの車両を眺めているところです。
鉄重さまもお体には気をつけて、ブログでの引き続きの工作を楽しみにしております。
プロフィール

ウラタニハ

Author:ウラタニハ
はにたらうの”ウラニハ”へようこそ!1970年代~80年代に活躍した鉄道が忘れられず模型の世界にどっぷりとハマっています。たまに実物も。更新頻度は高くないかもしれませんが、とりあえず出発進行!

カテゴリ
カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR