FC2ブログ

ワールド工芸の秩父鉄道デキ1形 その2


▲ワールド工芸の秩父鉄道デキ1形デキ2。私鉄形を含む黒貨車編成がよく似合います(^ ^)

某模型店にてこの掘り出し物を見つけたものの、情けないことに筆者、金属キットを製作する腕もなければ環境もない。エッチングキットですから、下手すると素材の板が反ってしまったり取り返しの付かないことになってしまう・・・そんな恐れから、長らく模型置き場の肥やしとなっていました。

でも、やっぱり何とかして日の目を見せてあげたい!そんな思いからNAGAEアートプロダクションに組み立てを依頼。いよいよ完成して、試走してみると・・・ピクリとも動かないorz

その時点で長丁場になるなと予感しましたが、次々と増備される新車に目が移り、なかなかこの機関車に手が回らず幾星霜。で、いよいよやるかと思い腰をあげたのが先週末。

sIMG_2976_1161.jpg
▲まずは台車の外枠と接触してるっぽいカプラを外して試走してみます。

かなりギクシャクですが動く兆しは見えました。短絡か接触関係かな。
次にボディを外してみましょう。

sIMG_2984_1164.jpg
▲この写真は修復後ですが・・・

sIMG_2984up_1181.jpg
▲このモータ間を繋ぐコードの半田が取れて断線してました。

なるほど、片側のモータにしか通電しないことによって、ギクシャク感が生まれていたわけですな。

見ての通り、小指の先ほどのモータを縦に置き、インサイドギヤで駆動する仕組みです。
車体の軽さも気になり、秋葉原で調達してきたGMやタミヤの重りで20gほど補重しておきました。

sIMG_2985_1165.jpg
▲真ん中の無塗装のものはタミヤのミニ4駆用、マジックで黒く塗ってあるものはGMのウェイト。

sIMG_2986_1166.jpg
▲ボンネットの内側にも2gずつ補重しておきました。

さて、この状態で直線を行ったり来たり。低速から見違えるようなスムーズな動き!
早速台車を取り付けて、試運転。
ギクシャク・・・orz

中々手強いようですね。

sIMG_2977p_1162.png
▲最初に疑った通り、この辺りで短絡が起きているようでした。

まずは図体のでかいケイディカプラーを外し、IMONカプラーに。
さらに台車本体と枠部分を取り付ける金具を調整し、不自然にならない程度に車体から離れるように反らせました。
台車とカプラー取り付けネジとの接触はこれで回避。

次に車体台枠側のステップと台車との干渉。
これはステップを手でややおし拡げるようにしたら、直線区間での接触を避けることに成功しました。

sIMG_2990_1167.jpg
▲ようやくまともに動くようになったデキ!でもカーブは!?

はい、この後、S字カーブを走らせてみましたが、予想通り即停止。そりゃそうです。
原因は明白、当然の結果ですよね。

sIMG_3027_1177.jpg

sIMG_3030_1179.jpg

とりあえず、貨車を5両ほど並べて直線を行ったり来たり、まったりと運転して楽しみました。
「直線だけは」MPギヤにも負けない、低速からの超ウルトラスムーズな走りを見せます。
これで曲線も走ってくれれば・・・ムフフフフ!

今後、曲線も通過できるよう何らかの対策を考えねばなりません。
機関車全体としての絶縁対策を考えるか、台車と台枠との接触を抑える策を考えるか。(ステップを切断して台車側に取り付けるなど)

少しゆっくりと考えたいと思います。
ワールド工芸さんにも相談してみるかなぁ・・・
それにしてもNAGAEさん、納品前にちゃんと試運転したんだろうか・・・(ボソ

(つづく・・・のか?)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ウラタニハ

Author:ウラタニハ
はにたらうの”ウラニハ”へようこそ!1970年代~80年代に活躍した鉄道が忘れられず模型の世界にどっぷりとハマっています。たまに実物も。更新頻度は高くないかもしれませんが、とりあえず出発進行!

カテゴリ
カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR