FC2ブログ

梅の咲くころ、梅小路に(2019/3/10) その4


▲京都鉄道博物館の展示を一通り見て、いよいよここならではの扇型機関庫に。

最近やけにSLに興味が行っているものですから、ここは以前訪れた時よりも楽しみにしておりました。
まだ鉄博開業前、梅小路機関区だった頃に訪れて以来です。

入りますと早速出迎えるのが、D51の1号機。

sIMG_2856_1145.jpg

半流線型がカッコ良いですね。戦前から戦後にかけて大量に製造されたD51の初期。まだ、大正ロマンの香りが残っていたのでしょうか。

sIMG_2857_1186.jpg
▲晩年の北東北時代には延長されていたキャブ屋根が短く復元されています。

見る場所が変わってきています!
キャブ屋根がいつ短くなったとか、北東北から別のどこかに転属したとか、細かいことは調べていません。おそらく検索すれば情報はいくらでも出てくるのでしょう。

むしろ、横のキューロクに目が移っちゃって・・・

sIMG_2861up_1187.jpg
▲9600型、9633。こちらも古い機体ですね。

キューロクは、青梅鉄道公園に9608が、真岡鉄道のSL館にも49671がありますけれど、一機一機異なりますからよーく見ておきたいものです。(ここでは各部の写真はほどほどにしておきます。)

sIMG_2868_1146.jpg

sIMG_2875_1188.jpg
▲キャブ裾はS字ではないのですね・・・こちらもどこかで改造、または差し替えられたのでしょうか。

そして、大本命の8630を探しますが、どこにも居ません。あれれ?
立ち入り禁止の手の届かないところに何か居ますよ・・・

sIMG_2881_1147.jpg

も、もしかしてあなたですか?

sIMG_2882_1148.jpg
▲蒸気ドーム?あたりに「863・・・」?

sIMG_2887_1149.jpg
▲「8630B」と読み取れました。

ああ、解体整備中だったのですね。下調べして行かないとこういうことになってしまいますorz
でも、貴重な炭水車を外したキャブ連結面を見ることができたと思っておきましょう!
美しく整備されて出場されることを願って。

あとは、各機関車を見て回ります。C62とか近代的な機関車はスルーして、D50とかC53とか。

sIMG_2898_1192.jpg
▲D50も好きな機関車の一つです。

そして・・・

sIMG_2900_1150.jpg

sIMG_2902_1151.jpg

C53、やっぱオーラが違いますねぇ。(あくまで私見ですけど(笑))
シュッとしていてカッコいい。3シリンダーの響き、本物を聞いてみたかったです。

sIMG_2883_1190.jpg
▲外に出ると、スチーム号が。

sIMG_2909_1193.jpg

sIMG_2885_1191.jpg
▲スワローエンゼルは外に佇んでいました。雨天なのが厳しいところ。

梅小路機関区、国鉄がこの機関区を残したことはとても素晴らしいことだと思います。
若い頃はあまり感じませんでしたが、今やこれがいかに大切なことであるか、身にしみて感じます。

今回は全体を見て回りましたが、次回からはポイントを絞って見学したいと思います。
次は・・・8630の整備が終わった頃でしょうか。

ではでは〜
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ウラタニハ

Author:ウラタニハ
はにたらうの”ウラニハ”へようこそ!1970年代~80年代に活躍した鉄道が忘れられず模型の世界にどっぷりとハマっています。たまに実物も。更新頻度は高くないかもしれませんが、とりあえず出発進行!

カテゴリ
カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR