FC2ブログ

梅の咲くころ、梅小路に(2019/3/10) その1


▲この日のSLスチーム号はC56 160。

先日所用があり大阪まで車でひとっ飛び。
1日フリーとなりましたので梅小路に行ってまいりました。開館以来念願だった京都鉄道博物館です。

京都市内は混んでますので車はちょっと郊外のイオンに停めまして、電車で京都駅に。

sIMG_2743_1152.jpg
▲今年は湯島の梅を見ておりませんでしたので、梅小路公園で観梅です。

ここの公園には京都市電の古いタイプが保存されているので、期待して見にゆきました。

sIMG_2754_1127.jpg
▲505号。現役時代にはお目にかからなかった形式です。書籍によると13m級の堂々としたスタイルだったはず。

と側面に回り込みます。

sIMG_2756_1128.jpg
▲京都市電には珍しい関西の郊外電車然とした、3扉の堂々としたスタイル・・・ではありますが。

この車両、筆者の好みドンピシャのスタイルなんですが。Cafe営業、京都市?としては市電車体の有効活用ってことなんでしょうけれど、台車にはモップが乗せられていたり、エアコンの室外機があったり・・・鉄道車両を産業遺産としては捉えてくれていないようですね。
正直なところちょっと残念でした。

sIMG_2760_1129.jpg
▲1605号ワンマンカー、このあたりになると1800にも近く、馴染みのあるスタイルですね。

sIMG_2765_1130.jpg
▲こちらは室内にも入れました。

松山でも思いましたけれど、こういう木の内装はよいですねぇ。
決して保存状態が良いとは言えないけれど、下手に手を加えずにこの状態を保ってくれているのは良いことです。
あとは破けたシートを補修さえしてくれれば。
京都市はインバウンドで儲かっているはずなんだけれどなぁ。

さて、時折そぼ降る雨の中を、いよいよ鉄道博物館に向かいます。
来週最寄駅開業なんですけど、まぁ電車に乗って行ってたらこれらの風景にも出会えなかったかもしれない。

というわけで、とりあえず品のない広告を消すためにもアップします!
(つづく)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ウラタニハ

Author:ウラタニハ
はにたらうの”ウラニハ”へようこそ!1970年代~80年代に活躍した鉄道が忘れられず模型の世界にどっぷりとハマっています。たまに実物も。更新頻度は高くないかもしれませんが、とりあえず出発進行!

カテゴリ
カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR