FC2ブログ

西武鉄道101系初期型(4)


▲久しぶりの西武電車、工事再開です。

お久しぶりの西武101系、インテリア追加と室内灯のLED化工事の続きです。中間車2両は早々終わったものの、その後工事が進まなかったのは、このところ多忙を極め手を付ける余裕が無かったというのもありますが、先頭車の配線の面倒臭さがあったためです。

しかし思いとどまっていてはカツミさんの7月の運転会にも間に合わないじゃないですか!仕事のことも気になりますが一気に作業に入ります。筆者の場合、こういうストレスがたまったときほど模型の進みが良いような気がします。何か趣味に打ち込んでいないことには爆発しそうだったのです!!

sRIMG11355.jpg
▲そんな訳で細かい作業。まずは先日切りだしておいたKTMのロングシートにネジ穴に合わせた切り欠きを作っておきます。

念のための作業なのですが、車体を止めているネジがアングルから出っ張っていますので、椅子の背面の床板側を現物合わせで切り欠きます。車体をネジ止めした後、ロングシートが浮いてくる!なんてトラブルが起こらないように。

sRIMG11358.jpg
▲そして、予め作成しておいたステンレス線の手すりをゴム系ボンドで接着。

ゴム系ボンド(黄色)は極少量なのですが、糸を引いたり塊が付いてしまったり。多少のことは気にせずどんどん接着していきます。何しろ大量生産ですから。

sRIMG11357.jpg
▲先頭車2両分のシートが完成。乾いたらボンドがはみ出ている部分なのどを丁寧にカッターで除去していきます。

併せて、ステンレス線とシートの隙間にエポキシ系ボンドを流し込むように塗っていきます。接着面が少ないので強度を確保するためです。(前回書き忘れていたかも・・・)

sRIMG11359.jpg
▲いよいよ先頭車御開帳。案の定、ヘッドライトの配線(ねじってある配線)が邪魔をしてすんなりとは開きませんね。

sRIMG11360.jpg
▲ねじってあるヘッドライトの配線は、若干余裕があるようですので、乗務員室仕切りのしたの隙間から引っ張ってやると、何とか床板を外すまでの余裕ができました。

次に天井の電球パネルライトを外します。中間車との違いは、運転室側の線は天井の配電板にはんだ付けされているところです。正直、狭いところに半田ごてを入れるのは躊躇されますが、ここは勢いでえいやとやってしまいます。

sRIMG11361.jpg
▲遮光用の黒い紙で覆われていますが、その手前に見えているのが配電板。ピントがずれてますが、これは外したところ。なお反対側は中間車と同様、床の車軸の集電板にはんだ付けされてます。

ここからは四苦八苦してLEDパネルライトの設置、線のはんだ付け、椅子の取り付けを行いました。一番苦労したのは最後の組立時の線の取り回しです。マスキングテープで線をある程度固定しながら床板を取りつけますが、あちこち引っ張られ、線が飛び出てしまったり、窓から見える位置に伸びてしまったりと、大汗をかきながらの作業でした。(よって写真なし)

sRIMG11367.jpg
▲奇数先頭車の妻面より。こんな感じでどうかな?中央のスイッチは目立つけれど仕方のない部分ですね。

こういった部分、昨今のNゲージを見習ってほしいですね。16番はこんなにスペースがあるのに、それに甘んじてスイッチ類が武骨すぎます。高額な商品なんだから、インテリアをもう少し大事にしてほしいですね・・・

さてさて、内装工事はこれにて4両とも完成!ネジ止めして線路に置いて点灯試験。

sRIMG11368.jpg
▲ヘッドライト良し、あ、行き先方向幕が電球のままだった・・・(今回考えもしなかった・・・)ま、またいずれの日にか!?

sRIMG11370.jpg
▲テールライト良し。見た目はもうちょっと赤いのですが、写真写りが。蛍光灯っぽい室内にオレンジ色の椅子が映えてとても良いです。

sRIMG11373.jpg
▲うむ、我ながら上出来です。あとはインレタとワイパーと乗務員ステップですな。

いい感じに仕上がりました。たった4両編成ですが、色々手をかけることでより愛着がわき、かけがえのない4両編成となりました。ちなみに・・・施工前はどうだったかというと、下の写真です。

sRIMG11375.jpg
▲上の写真と見比べてみてください!

sRIMG11378.jpg
▲これじゃ、萎えるってもんですよ。

やっぱ、LEDライトって良いですね!!でも今回のインテリア工事、予想通りかなり大変(というか単純作業なんですけど)だったので、しばらくはもうイイヤって感じです。この苦労を忘れたころ、またやるかもしれません。

sRIMG11380.jpg

というわけで、次回インレタ等、仕上げ作業に続きます!!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ウラタニハ

Author:ウラタニハ
はにたらうの”ウラニハ”へようこそ!1970年代~80年代に活躍した鉄道が忘れられず模型の世界にどっぷりとハマっています。たまに実物も。更新頻度は高くないかもしれませんが、とりあえず出発進行!

カテゴリ
カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR