FC2ブログ

鉄道の日スペシャル 御召一号編成


▲我が機関区のエース、EF5861。美しい・・・と自己満足の世界ですが。

今日は鉄道の日。ウィキペディアによりますと「 1921年(大正10年)10月14日に鉄道開業50周年を記念して東京駅の丸の内北口に鉄道博物館(初代)が開館したことを記念したもので翌1922年から鉄道記念日として鉄道省により制定された。」とあります。

この記念すべき日に、記念すべき列車を並べてみました。

DSC_7044_038_515.jpg
▲おお、そのシルエットは・・・

そう、7月ごろに待ちに待ってようやく入手した、天賞堂のお召一号編成!天賞堂銀座店にて、訳あって発売日の前日に
売っていただいた正真正銘「一号編成」です(笑)

#それにしてもフルサイズで撮影すると被写界深度が狭く、後ろがボケてしまいますね。こういう時はコンパクトカメラが良いのかな。

今日初めて開封しましたが、まだ菊の御紋章は装着していません。日章旗もまだです。
とりあえず回送ということで。正式な姿は明日以降です。

DSC_7084h_530.jpg
▲少し離れて。

レンズはMICRO NIKKOR AiAF 60mmF2.8です。
1両ずつお披露目しましょう。

DSC_7071_058_521.jpg
▲まずはEF5861。今回は我が家のお召予備機172号機はお休みしています。

DSC_7072_059_522.jpg
▲供奉車461。

3軸台車のTR73を履く、とてもクラシカルな客車です。この1両だけでも絵になりますなぁ。

DSC_7073_060_523.jpg
▲供奉車330。

台車はモダンなTR65、屋上には大きなアナログ放送らしきTVアンテナ?が。
今の時代でしたら、地デジの時代ですからこのアンテナは撤去されていたかもしれませんね。

DSC_7074_061_524.jpg
▲一号御料車。云わずもがな。まだ御紋章は装着していません。

これが製造された当時の20系寝台客車やオロネ10に共通するシルエットを持っていますね。
供奉車もそうですが、インテリアの作り込みがすごいです。
こうなっているんだぁって感じ。

DSC_7075_062_525.jpg
▲供奉車340。

330と同時代の車両で台車も同じくTR65に換装されており、屋上には直線的なアンテナが張り巡らされています。

DSC_7076_063_526.jpg
▲最後を務めるのが供奉車460。電源車として改造されています。

DSC_7017_015_558.jpg

台車は3軸のTR73ですが、屋上には20系寝台客車の電源車並みの冷却ファンが。このアンバランスがとてもカッコ良いです。

DSC_7080_065_528.jpg
▲真鍮製、軸箱稼働、TAギアのロクイチです。やっぱロクイチは綺麗だなぁ。

DSC_7064_051_516.jpg

さてさて、明日は鉄道院、鉄道省、国鉄から伝統の「効績章」を受章します。今日はその前夜祭でした。
自分祭りですが、日章旗、菊の御紋はその後で、ということで( ^ω^ )
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ウラタニハ

Author:ウラタニハ
はにたらうの”ウラニハ”へようこそ!1970年代~80年代に活躍した鉄道が忘れられず模型の世界にどっぷりとハマっています。たまに実物も。更新頻度は高くないかもしれませんが、とりあえず出発進行!

カテゴリ
カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR