FC2ブログ

西武鉄道101系初期型(3)

エンドウの西武鉄道101系初期型のインテリアを充実化しましょう、ということで始めたロングシートの取り付け、室内灯LED化の続きです。この手の工作は初めてなので、簡単なパンタ無しの中間車から始めます、というところでしたが、1両目は緊張のため写真を撮ってませんでした。慣れてきた2両目、パンタ付きモータ付きの中間車の写真を交えながらご紹介して行きましょう。


▲床板を外したところ。既にエンドウのパネルライトとロングシートの一部を車体にセットしてしまっています。

床板を外すとパネルライト(電球)と車軸を結ぶコードが邪魔となりますので、理想的にはまず車軸側に半田ごてをあててコードを外してしまうのが作業的には楽かもしれません。筆者はあやまって半田ごてが車体に触ることの無いよう、いったん車体の屋根裏にツメで固定されているパネルライト側を外すことにしました。

パネルライトを固定するツメは少々硬く、マイナスドライバー等で慎重に曲げてゆきます。この力加減、表現するのが難しいです。パネルライト(電球)を外しますと上記写真のように床板と車体が分離しますので、心おきなく作業ができます。また配線コードはテープで固定されておりますが、このテープ結構使えますので再利用可能な様に慎重に外して取っておきましょう。

sRIMG10257.jpg
▲椅子を取り付ける前に、車体側に新たにパネルライト(LED)を取りつけます。(写真はその後椅子を取り付けています)

エンドウのLEDのパネルライトは少々高いので、立川のモデルプラザエンドウに行って6個セットの割安のものを買ってきました。説明書は付いていませんが、ま、どうにかなります。なお、車体への固定は爪だけでは少々ぐらつきますので、両面テープなども併用したほうが良いでしょう。

sRIMG10255.jpg
▲パネルライトのコードは車体スミの目立たないところを這わせるよう、予め延ばしたり折り曲げたりしておき、その後ロングシートを取りつけます。

ロングシートはゴム系で取りつけます。付け終わったら次に配線コードを車軸のところの板?にはんだ付け。ちょっと緊張の瞬間ですが慎重に。なお、今回使っている半田ごては、撮影してませんが電気配線用の出力の弱いものです。ここで一回ネジ止め無しで借り組みして線路に載せてライトの点灯を確認しておいたほうが無難ですよ。

sRIMG10070.jpg
▲いい感じです(*^_^*)ロングシートの肘掛も効果抜群ですね!(自己満足)

あとは元通りネジ止めで組立。配線コードを咬まないように。そんな作業をとりあえず中間2両分施工しました。まずはパンタ無しモーター無しの車両で電気を通して雰囲気を見てみましょう。

sRIMG10073.jpg
▲インテリアが無く電球色の室内灯だった施工前と比べると雲泥の差です。ええわー。

sRIMG10071.jpg
▲1両作成するのにえらく手間と時間がかかりましたが、これぞ16番ゲージの醍醐味です。自己満足の世界ですが。

そんなわけで、あとは先頭車が2両残っています。先頭車はヘッドライトや識別灯、テールライト、行先表示幕のライトの配線がどのように処理されているのか不安な面がありますが、ま、出たとこ勝負で。ただし、まだこちらは手すりを付けていないので、少し先のことになりそうです。

sRIMG10261.jpg
▲とりあえず完成した2両を並べて。あ、インレタはこれからです、はい。4両揃ったら施工ということで。

いつか分かりませんが、つづく・・・

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ウラタニハ

Author:ウラタニハ
はにたらうの”ウラニハ”へようこそ!1970年代~80年代に活躍した鉄道が忘れられず模型の世界にどっぷりとハマっています。たまに実物も。更新頻度は高くないかもしれませんが、とりあえず出発進行!

カテゴリ
カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR