FC2ブログ

113系関西線快速色(春日色)を整備する(1)


▲しばらく眠っていたコヤツを引っ張り出しました。

お正月休み明けから慌ただしく過ぎてきた1月ですが、ようやくというか強引にひと段落しました。
年休なども取って体調を整えたり、ようやく鉄道模型に触る気力も戻ってきましたので、リハビリに、前の職場の出張時に入手した113系春日色の整備をすることにしました。

編成は、以前にも記載した日根野に新製配置された春日色のうちクハ111-2144で始まる3編成目としました。
当時、奈良で乗り合わせた編成がどれだったのか?残念ながら記録もないもので・・・

113系2000番台関西線色

まずは1日かけて形式、所属定員表記、ドアコックの▼マーク、ATS表記、1,2位表記などのインレタを。
次に方向幕と云う具合に進んでいます。

sIMG_0491.jpg
▲いきなり阪和線にアルバイトか!?

当時も赤い快速が阪和線にアルバイトに出るのはよくあることでしたが、日根野から奈良電車区に移ってそういうことは減ったのかな?

で、阪和線の方向幕は、シールのサイズとか這った具合のお試しをするための仮の姿。初期製品だけに、この如何にもシールはりましたって感じがちょっとだけ残念ですなぁ。
あと、角も丸めたほうが多少は自然な姿になるかも。

sIMG_0492.jpg
▲で、こんな感じに。シールの角を丸めるハサミ技を身に着けました(^^ゞ

何枚も切っていくうちに手が仕事を覚えるって感じです。最後の方には、我ながら芸術的な出来栄えにおおー!とかヨッシャ!とか独り言ち。

ちなみに所属は天ナラ。赤文字では天ヒネが入ってないんですヨ。この時点で当時ものではなくなってしまいますが、マ、イイカといつものええ加減な性格が。

sIMG_0493.jpg
▲正面は青文字の「快速」が正解です。

0番台車は朱色で「快速」でしたが、2000番台はなぜか青文字がセットされていました。阪和線を意識していたんですかねぇ。
シール関係は、この後、正面ヘッドマークの台座をプラ板で作成し、そこまでは完成。

しかしですよ!
なんと「大阪-奈良」の看板のシール、ちょっとサイズが小さいのです。
実物は貫通幌枠をはみ出るぐらいのサイズのところ、貫通ドアに収まってしまうぐらい。

ああ、そんな落ちがあるとは。
ま、めげずに進めます。
あとは正面手すりと、信号炎管、ジャンパ栓、そして苦手なワイパーが控えています。
乗務員ステップは走行に支障をきたすようなので取り付けません。正面手すりも今回は付属の軟質プラのパーツを使ってみます。
どうなることやら・・・

sIMG_0496.jpg

久しぶりの模型弄り、気分転換になりました。
(つづく)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ウラタニハ

Author:ウラタニハ
はにたらうの”ウラニハ”へようこそ!1970年代~80年代に活躍した鉄道が忘れられず模型の世界にどっぷりとハマっています。たまに実物も。更新頻度は高くないかもしれませんが、とりあえず出発進行!

カテゴリ
カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR