FC2ブログ

天賞堂のEF58172を写真で紹介

DSC_5827.jpg
▲天賞堂のEF58172。云わずと知れた1982年日光線お召仕様です。

何度も登場していますので、今更ですが、一眼レフで撮り直したもので再掲。

過去の記事はこちら。
2台目のゴハチ
天賞堂のEF58172を整備しました。

DSC_5828.jpg
▲当時、宇都宮機関区のゴハチの中では最若番であった172号機を、大宮工場で念入りに整備した状態を再現。

このキラキラの状態では運用が難しいところですが、そこは模型の世界!
そのままの状態で運用に入ってもらいます(笑)
筆者、車輛に限って云えばウェザリングが苦手で、むしろ模型の世界はピカピカの状態が好きですので丁度良いかも。

DSC_5845.jpg

実際にネットをあさってみますと、直後に津軽をけん引している姿は、比較的お召装備の頃の雰囲気が残っていますが、すぐに汚れて他の機関車との見分けがつかなくなるぐらいです。ま、直後ってことにしておきましょう(^^ゞ

DSC_5834.jpg

さらには、今年の年末、天賞堂から待望のプラスティック製のお召1号編成が発売されますから、61号機とともいお召列車牽引も再現できるというわけです。ついに我が鉄道もそんな夢のようなことが実現可能になりましたなぁと、感慨深いものがあります。

恒例の側面写真なんかも。

DSC_5831.jpg

DSC_5848.jpg

61号機と見比べると、磨きだしの仕方が若干異なるのが分かります。
筆者も鉄道趣味歴がそこそこ長くなりましたが、初めてそのことに気が付きました。

DSC_5852.jpg

屋根上は、大宮工場仕様で黒です。
側面中央窓とモニター屋根の窓がHゴムなのは、最終製造のゴハチの証であり、かつHゴムの色が白なのは、関西方面から渡ってきた機体である証でもあります。

宇都宮に大量に配置されたゴハチにより、EF56やEF57が淘汰されたわけですから、デッキ付き電関ファンには憎らしい存在だったかもしれませんね。ま、そんなことの繰り返しです。

DSC_5865.jpg

これから深まる秋の夜更けに、こうやってお気に入りの機関車の写真を掲載することで、お座敷をはじめとする客車整備のモチベーションを上げなければと思うわけです(^^ゞ
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

天賞堂わるくないですね。
先代の社長がなくなったときのことなんですが、
神保町にあるでんてつ工房さんは、葬儀に顔出さなかったそうですね。
天のひとも10年近く取引もあるのにどういうひとなんだろうと。
だから、Uトレさんにも嫌われ、常識のない人といわれるのかしら。
プロフィール

ウラタニハ

Author:ウラタニハ
はにたらうの”ウラニハ”へようこそ!1970年代~80年代に活躍した鉄道が忘れられず模型の世界にどっぷりとハマっています。たまに実物も。更新頻度は高くないかもしれませんが、とりあえず出発進行!

カテゴリ
カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR