FC2ブログ

エンドウのEF81(5,6次型ひさし付き) 整備完了


▲エンドウのEF81(6次型)、少し苦労しましたが、ようやく整備完了しました。

番号は付属パーツの中から。予定通り、150号機(三菱)としました。TOMIXのEF81と云い、先日のEF10と云い三菱製が連続していますが、意図しているわけではありません(^^ゞ

IMG_0609.jpg
▲昭和54年製150号機です。

筆者にとっては、昭和54年何て云うと最新鋭の電気機関車というイメージです。国鉄の最後の頃、EF64 1000番台や、ED78の最終増備とともに、当時の標準的な技術で製造されたものですね。

EF81は、とりわけ交流区間では、ED78に至る交流電圧制御の技術が確立していたにも関わらず、わざわざ清流して、屋上に重い抵抗器を積んでまで抵抗制御したうえで直流モータを回すなど、やや時代に逆行した機関車でした。
しかしながら、交直流機関車として現場では便利に使えるということで、ED78亡き現代まで走り続けているところを見ると、世の中、必ずしも「技術的な理屈」だけが正しいのではないのだなと、技術者の端くれである筆者は実感するわけです。

IMG_0615.jpg
▲一位側には検査表記や重量表記などが集中しています。

実は・・・インレタの粘着力が完全に逝ってしまってまして、お盆休み前にエコーモデルに駆け込み、くろま屋製の、これまた奇特な「EF81用インレタセット」なる都合の良いインレタを購入してまいりまして、帰京後に作業を再開したのでした。

くろま屋4119 EF81用標記(秋田・金沢・松任・土崎・小倉)
検査標記の秋田総合車セを4種各4個、金沢総・土崎工・小倉工を各3種各4個、松任工を2種各3個収録。
区名文字の酒田・敦二・富二・富山・敦・長岡・田を各5個収録。
ATS標記のP・Psホ・PPsを各16個、Ps・PS・ホ・SF・PF・Sを各8個収録。その他細部の標記を収録。

素晴らしいセットですね。インレタ失敗率の高い筆者にとってはとてもありがたい会社です。くろま屋さん<(_ _)>

IMG_0643.jpg

IMG_0642.jpg

IMG_0644.jpg

それにしても、昨今、実物通りに検査表記までインレタがあるもんですから、困ったものです。20年ぐらい前なら、せいぜいエンド表記だけつけて、後は脳内で変換できたものを。何となく全てのインレタを付けないといけないような雰囲気になってしまってますね。
今回はATSマーク「S」の貼り付けに苦労しまして、ずいぶんとインレタを無駄にしてしまいましたが・・・何とか。
ああ、もうATSマークなんか見たくない!って感じでした。

IMG_0635.jpg
▲ひさしや大型スノープローの装備もあって、精かんな面構えです。

6次型の特徴であるひさし、そしてスノープローの大型化に伴って、誘導員ステップが外付けになっているのが特徴。当社機関区のEF65 500番台と同様、非貫通の正面にひさしが付くと何ともカッコよく見えるものです。(筆者の主観ですが)

何だか、常磐線のEF80も欲しくなってしまいますねぇ。(なんと!カツミの発売予定リストにEF80の文字が見えましたが(^^ゞ)

IMG_0627.jpg

IMG_0632.jpg

側面からの写真も載せておきます。あ、今回のカメラはとりあえずCANONのS110です。途中でホワイトバランスを変えたりしてますので色調が替わっていますが、悪しからず・・・

IMG_0647.jpg
▲うーん。我ながらカッコイイ( ˘ω˘ )

エンドウの電気機関車はE851に続いて2台目です。(こちらのほうが先に整備完了してしまいましたが・・・)エンドウの製品は金属製モデルの中ではプレスを多用し、割とアッサリ目の仕上げとなっています。

例えば、側面フィルタなどは別パーツなら良いのになぁと感じますが、プレス表現です。それ故、逆にナンバープレートとメーカープレートの段差がかえって目立ってしまっています。

とは云え、この時代のエンドウ製品は、全体の雰囲気をよく捉えつつ、ムサシノや天賞堂には遠く及びませんがずいぶん精密化してきたなと感じます。さらに、プラスティック製では味わえない重厚感、存在感を存分に発揮しています。そのあたりのコストパフォーマンスのバランスのとり方が絶妙なのではないでしょうか。

さぁ準備は整いました。そろそろどこかで走らせたいものです。
(下期に向けて仕事が忙しくなってくるばかりですが・・・)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

交流モータ

EF81よいです。私の場合、今はなき日本海号牽引のイメージですが。

交流モータの話ですが、効率がよく、かなり昔から理論的にはありました。
戦前欧州では交流モータの制御にトライしていたようです。
電気車の交流モータにおける理想的な制御には、工業技術が追いかなく、VVVFまで試行錯誤はあったようです。架線電圧DC1500V電気車用の単一GTOを使用したVVVF制御は近鉄1250系(当時)まで待たねばなりませんでした。
なのでEF81の時代、当時交流直流区間を両用するには制御の視点からDCモータしかなかったと思われます。交流は降圧して、整流してDCを制御できますからね。

巻き線モータに比べかご型モータのコンパクトなこと、価格も安いし、ブラシがないのでその修繕費もかからない、今や交流モータ全盛ですね。

コメント有難うございます

魔板Kさん
コメント有難うございます。夏休み明け、お疲れ様です。
私は先週、一足早く明けの長い2日間をこなし、二週目に突入したところです。
次の連休が待ち遠しい…
国鉄時代の交直流技術についてはコメント通りで、何とか直流、交流区間を直通で走らせるための機関車だったのですよね。
その後、赤字、民営分割と技術的空白があり、ようやくEF510など、当時理想とした姿に近づいているのは感慨深いものがあります。
しかしながら、残念なことに貨物以外の牽引対象が殆ど無くなっちゃいましたネ。
この先、長距離客車列車なんて夢のまた夢ですなぁ。

朝晩涼しくなり模型の季節です

ご無沙汰しています。
私もここ数日、ストラクチャーキットを組み立てております。

ジオラマを目指しているのですが、進んでいません。
金属車両を半田付けで早く綺麗に組み上げる人はいいなぁと思います。

私は先月は金欠の理由で車両の入線がありませんでした。

ヤフオクは目に毒ですね(笑)。
では、また。

コメント有難うございます

もっちーさん
いつもコメント有難うございます。
エコーモデルのバス車庫の記事、楽しみに読ませていただいております。
ただ綺麗に組むだけではなく、エイジングを施すというのは、大変なのでしょうね。
もっちーさんさえ宜しければ、リンクを貼らせていただいても宜しいでしょうか。

いよいよ涼しくなってきて、此方も一旦ヤフオクは見ないようにして、と云ってもついつい見てしまうのですが…過去の車両の追加工作などチマチマとやっております。
成果が出ましたら、また此方でご報告します!
プロフィール

ウラタニハ

Author:ウラタニハ
はにたらうの”ウラニハ”へようこそ!1970年代~80年代に活躍した鉄道が忘れられず模型の世界にどっぷりとハマっています。たまに実物も。更新頻度は高くないかもしれませんが、とりあえず出発進行!

カテゴリ
カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR