FC2ブログ

天賞堂プラスティックのマニ36(スハ32形改造車 EG仕様 東北・凾館本線タイプ)が再生産されました

DSC_5752.jpg
▲茶色の荷物列車の登場!

各模型店さんのホームページで天賞堂プラスティックのマニ36が再生産されたとの情報を得て、秋葉原のimonに行って参りまして、ゴハチ172号機購入時のimonさんのポイントを利用して3両ほど増備しました。
これまで少しずつ増殖していたマニですが、3両一気に追加となりましたので、いよいよウチのEF56も活躍できそうですね!


▲天賞堂プラスティックのマニ36、長らく品切れで、もう再生産をあきらめておりましたが。

製品は昨今の天プラ品質と云いますか、非常に安定していて出来が良いです。詳しくは過去記事コチラをご参照ください。それにしてもプラの割にはお値段もそこそこ良いのが・・・

でも、天プラ客車シリーズは、TOMIXに比べてインレタも最小限に抑えられていますので気が楽です。そういうところがお値段なりのところなのでしょうか。

DSC_5742.jpg
ブログ初期のころに我が機関区唯一のSG搭載機関車としてご紹介したEF56 6

今ではSGもEGも豊富に取り揃えておりますが、決して引退はしません。本人も「ゴハチなんぞ若造には譲らぬゾ」と云ってます(^^ゞ

DSC_5741.jpg
▲そう、晩年の隅田川発の荷物列車。あの雰囲気が出せますかねぇ!!(とりあえずスユも連結してみました)

我が郵便荷物車のラインナップも充実したものに。
マニ36 天賞堂ブラス 1両
マニ60 天賞堂ブラス 1両
オユ10 非冷房青 天賞堂ブラス 1両
マニ60 フジモデル塗装済みキット 1両
マニ36 天賞堂プラスティック 4両
マニ37 フジモデル塗装済みキット 1両
オユ10 非冷房青 TOMIX 1両
スユ13 青 天賞堂プラスティック 1両

茶色だけでも、7両編成が組成できますし、それにオユやスユを混ぜれば9両編成!
16番ゲージとしては十分にあの隅田川着発のEF56晩年の姿が再現可能ですね。

DSC_5755.jpg

EF56を我が機関区に迎えたのが2008年3月。イズミ教材店の今は亡きオヤジさんから購入しました。(今は息子さんが継いでいるようですね。)
当初構想から約10年かかりましたが、カラフルな電車に混ざって孤軍奮闘していた戦前の機関車&客車たち。実物が地味だっただけに、模型の世界では華々しく活躍させたいです!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ウラタニハ

Author:ウラタニハ
はにたらうの”ウラニハ”へようこそ!1970年代~80年代に活躍した鉄道が忘れられず模型の世界にどっぷりとハマっています。たまに実物も。更新頻度は高くないかもしれませんが、とりあえず出発進行!

カテゴリ
カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR