天賞堂のEF5861(天賞堂模型部60周年ごろの製品、昭和54年愛知植樹祭お召仕様)


▲昨年念願の入線を果たした天賞堂のEF5861。今年の年賀状用に国旗掲揚した写真です。

しょっぱなに述べてしまうと、この機関車、実は嫁サマからのプレゼントなんです。
昨年、嫁サマが長く務めた職場を退職し転職したことをきっかけに、結婚20周年も重なったものですから何かプレゼントしたいとの申し出を受けました。これまでもそれぞれの記念日にプレゼントしたりされたりはあったのですが、今回は特別ということで外国製腕時計などが候補に挙がったものですから、だったら、その半分以下で購入できるこちらのほうが100倍嬉しいと申したところ、入線が実現したのがこの機関車です。

sDSC_5046.jpg

sDSC_5056.jpg

まさに模型界の芸術品、宝石の様です。天賞堂のこの製品、2009年に模型部60周年を記念して発売された60号機の後に発売されたもので、そのときが翌年の61周年だったかどうかは覚えていません。
ちなみに、その前に発売されたのは2000年ごろですから、だいたい10年に一度は模型化されるようですね。

購入が決まったころには天賞堂本店からも在庫が消えた直後で市場にほとんど在庫がなく、かなり焦りましたが、ようやく関西の某模型店にて在庫を発見、通信販売で取り寄せたのでした。

DSC_5081.jpg

昭和54年、つまり1979年ごろのロクイチは、前面手すりがため色に塗られていること、また助手席側ワイパーが原型であることが特徴です。運転席側の水切りがくいっと曲がっているのは周知ですね。
一応、ネット上を検索したところ、1980年7月ごろの写真までこの姿であることが確認できております。

その後の検査入場では前面手すりが再びメッキ塗装されたり、ワイパーが両側ダブルアームのものに交換されたり、なんとモータがEF15のものに換装されたりと、そんな知られざる歴史があるわけで、日立製作所製のモータを備えた最晩年がこの姿であるとも云えるのではないでしょうか。

sDSC_5026.jpg


さてさて、嫁サマも長年の筆者の教育の甲斐あって?鉄道にかなり詳しくなってしまいましたが、もちろんロクイチが特別な機関車である事を知っています。
ロクイチへの憧れは多くの鉄道ファンの共有するところだとは思いますが、今から15年前、職場の交通新聞で得た情報をもとに、嫁サマが、ロクイチ牽引の日光線のツアーに申し込んでくれたことがあります。(行き先不明のミステリー列車だったかな?)自分ひとりだったらツアーに申し込まなかっただろうナと思うと、昔から嫁サマに牽引してもらってたんだなぁと感謝することしきり。

DSCF0031.jpg
▲2002年12月14日日光にて。

品川駅何周年かの記念列車だったと思います。真冬ですが当時ロクイチのSGは使用中止してましたので、暖房無です!車内ではブランケットが配布されました。

DSCF0024.jpg
▲ロクイチ後年の姿ですが、オーラが違いますね。美しい。

DSCF0043.jpg
▲スハフ32の貫通ドアから見るロクイチ。なんて幸せなんでしょう。

img9187.jpg

いずれにせよ、本物以上に我が機関区でも特別な機関車であることに間違いはありません。
末永く大切にしていきます。

(後日談)
この記事、昭和の日に合わせたかったのですが、4/29のゴールデンウィーク休みに入ったところで(正確に云うと前の晩から)緊張が取れたのか、高熱を発症。せっかくの休みを病床に過ごしたため、ブログどころではありませんでした。
このところ仕事で無理しすぎてしまい、睡眠時間が4~5時間だったのが影響したのかもしれません。
結局熱はしぶとく今日まで続き、前半の旅行をキャンセルして、家に閉じこもって暇になってしまったものですから大量アップしている次第です。
それにしても体が本調子ではなく、当たり前ですが若いころに比べて回復の遅さを実感しているところです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ウラタニハ

Author:ウラタニハ
はにたらうの”ウラニハ”へようこそ!1970年代~80年代に活躍した鉄道が忘れられず模型の世界にどっぷりとハマっています。たまに実物も。更新頻度は高くないかもしれませんが、とりあえず出発進行!

カテゴリ
カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR