KATOのホキ2200など再生産



▲KATOから、またまた嬉しいお知らせが!(2017年2月)

KATOさんからは、14系座席車の再生産のお知らせを聞いたばかりでしたが、またまた嬉しいお知らせです。
どうやら、鶴見線とテーマを決めたうえで関連する様々な車輌が再生産されるようですね。
こういう意図ある企画は素敵だと思います。

中でも個人的注目はホキ2200、穀物輸送のためのホッパー車です。

sRIMG0608.jpg
▲今から約9年前に5両導入して以来です。(2008年6月)

他の例にもれず、KATOの「HOゲージ」シリーズ、プラスティック製で安価ながら、とても存在感のある模型だと思います。
ただ、ネックは、まるでプラモデルかのように、鬼のような後付けパーツを組み付けて行かねばならぬこと。ま、慣れなんですが。

実際筆者も5両組み立てるのに十分時間がかかったし、その分手が仕事を覚えてゆくというか、最後はとてもスムーズに組み立てたという記憶があります。(今はまたリセットされちゃってるかも知れませんね(^^ゞ)

sRIMG0616.jpg
▲ノーマルバージョンも良いですが・・・

sRIMG0613.jpg
▲ハッチが小判型の初期タイプも作ってみました。

独特のクリーム色のホッパー車、貨物列車でワム80000ともよく似合います。
今回の再生産を機に、もう少しだけ増やしてみたいと思います。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ほびせんのレイアウトか

カトーの広告を見るとあのレイアウトで撮影されたっぽい!?

うまく撮るとこうもかっくいいのですな。

私もデ61に貨車の編成を走らせてみようかな、
近鉄印も付いた事だし。

確かに

魔板Kさん
確かに先日走らせた場所ですなぁ〜
ホキ2200は名作ですのでお試しあれ。
昔 、よくこのホキの貨物列車が塩尻駅に止まってて、急に予告なくガチャガチャンと発車するもんだから、ビックリさせられましたな。
プロフィール

ウラタニハ

Author:ウラタニハ
はにたらうの”ウラニハ”へようこそ!1970年代~80年代に活躍した鉄道が忘れられず模型の世界にどっぷりとハマっています。たまに実物も。更新頻度は高くないかもしれませんが、とりあえず出発進行!

カテゴリ
カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR