天賞堂のED78 パンタグラフの不具合修正


▲このところ大活躍の天賞堂ED78 8です。

いつ頃の生産だったか、2017年1月現在、最新の天賞堂製のED78です。このときは登場時の前面窓プロテクタ付き(ED78 3)とこのKE72Hジャンパ栓とヘッドマークかけ追加の1次形、側面運転室窓アルミサッシ改装の比較的新しい時代の姿(ED78 8)が追加生産されました。

長年待ちわびた製品でしたので、かなり無理をして2015年8月に購入。筆者の好みから、前面窓プロテクタのない、通常時運用仕様のED78 8を導入しました。

さて、筆者の模型ですが、前回KATOに持ち込み運転していたときに、横で見ていた方から
「パンタグラフ壊れているよ!」とのご指摘をいただきました。
ええっー!?と内心激しい動揺に包まれながら平静を装いパンタグラフをチェック。
確かに、バネのカバーのパーツが、シューに引っかかったまま上昇してしまっている。
目の良い方は前回の写真を観察してみてください!

不幸中の幸い、シューにフックが引っかかったままだったので、パーツをなくさずに済みました。

IMG_9427.jpg
▲パンタをよく見てみると、アレレ、何だかバネがむき出しになってます。

IMG_9426.jpg
▲このパーツがパンタグラフに引っかかったままポロリと取れていたのです。

指摘してくださった方は、盛んに天賞堂にクレームを入れたほうが良いとおっしゃってくれたのですが、こちらも輸送時に散々揺らしてますし、それ以前に、こんなものゴム系ボンドでポチッとくっつけちゃえば用は足りますので、そういうことにしました(笑)
クレームしたり、銀座に持ち込むほうが数倍面倒だし、そんな時間も取れないのです。

IMG_9432.jpg
▲そんなわけで、ゴム系接着剤でくっつけてみました。補修前と比べてみてください!

再びパンタグラフを畳んだり、上昇させたりと試しましたが、強度は十分なようです。ま、これで良いんじゃないでしょうか。
形あるものは壊れる、と昔のどなたかが言ったようですが、こんな感じに気楽に向き合いたいと思います。

IMG_9434.jpg
▲それにしても美しいパンタグラフですね。

IMG_9440.jpg
▲改めて全身を。

我が機関区では大柄な機関車ですが、客車を6両ばかり牽引させると、機関車の大きさはあまり目立ちません。

このED78、現役当時は国鉄の最新技術を投入した交流回生ブレーキを持つサイリスタ制御の機関車としてEF71とともに福島機関区に所属し、板谷峠を中心に福島-米沢-山形間で活躍、さらに軸重可変装置を装備したED78は線路規格が弱い仙台-山形間の仙山線でも使用されました。

以降のローカル線交流電化時には標準機として増備される予定でしたが、その後ローカル線が交流電化されることはありませんでした。そればかりでなく、標準軌化により板谷峠を追われ、頼みの仙山線からも貨物列車がなくなるなど、期待されたほどの活躍無く姿を消してしまいました。現役時代は新しいが故に、ファン層からもあまり注目されず、最後はED77とともに東北の片隅でひっそりと消えていったイメージがあります。

IMG_9446.jpg
▲せめて模型の世界では思う存分走らせてやりたいですね!

今でも、欲を言えば、2007年当時に発売されたラインナップが良いと思っています。ED78、EF71が最も活躍した時代設定に思えるからです。この時代のタイプが再生産されれば真っ先に飛びつくかもしれません。いや、せめてオークションで出ないものかと、EF71とともに時々チェックしたりしてます!

ま、いずれにせよ気長に向き合います。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ウラタニハ

Author:ウラタニハ
はにたらうの”ウラニハ”へようこそ!1970年代~80年代に活躍した鉄道が忘れられず模型の世界にどっぷりとハマっています。たまに実物も。更新頻度は高くないかもしれませんが、とりあえず出発進行!

カテゴリ
カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR