天賞堂の9600九州タイプ


▲当鉄道初の蒸気機関車となります、天賞堂1998年製9600九州タイプデフ無です。

あれから1か月。月日が経つのは早いものですネ、と1か月放置すると出現するウザったい広告を見て思ふ今日この頃。
世間には冷たい風が吹き、仕事もプライベートも益々忙しさを増す年の暮れが近づいております。
そんなボイラーの温もりが恋しい季節!?当鉄道ウラニハ機関区に、16番ゲージ移行後初の蒸気機関車が入線することとなりました。

IMG_8929.jpg
▲箱を開けたところ。

以前にも申し上げましたが、筆者16番車両収集のコンセプトはSL全盛期以降の70~80年代。
筆者の生まれた時代、生活圏ではSLは梅小路で見るぐらいで基本的には姿を消しておりましたので、興味は高度成長期を支えたDLやDC、EL、ECとなるのですが・・・むしろ最近のほうが復活蒸気を見る機会も増えましたね!筆者などは国鉄制式機が牽引する列車に乗ったのは、真岡鉄道C12が初めてで、その後、高崎-水上でC61などSL牽引の列車に乗ることができたぐらいです。

ま、そんな感じで、模型収集のタブーを破って登場のSLなわけですが、別に筆者SLが嫌いなわけではありません。天賞堂のSLが今の1/8ぐらいの価格で買えたころ、中学生の筆者などは偉そうに天賞堂のカタログを眺めて、ため息をついていたのでした。

IMG_8936.jpg
▲御開帳!空気作用管をはじめとする各種配管類の引き回しが芸術品のようですなあ。

ちなみに、好きなSLの好みが偏っておりますが、大正から昭和初期の戦前タイプのSLが好きです。貨物機で云えばこの9600をはじめとしてD50、D51の初期型(半流)、輸入機のB6や4110などが好みで、旅客機であれば8620、C51、C53、C55ぐらいまででしょうか。特に大正から昭和初期の機関車で化粧煙突だったり、動輪がスポークだったりするとええなぁと思ってしまいます。

#ちなみにC50はなぜか苦手だったりします。理屈ではなく何となくの感覚なんですけどね。明確な理由は自分でも分かりません。

IMG_8960.jpg
▲SLの中でもクラッシックな感じが好きです。

世代的にはもはやSLの何たるか語る資格もありませんが、それとなく好きなイメージということになるのだと思います。Nゲージ時代にもSLは1両だけ在籍しておりましたが、KATOのC11でした。その選択理由はコンパクトな中にギュッと機能が詰まったタンク型、方向転換しなくても両方向に運転できる便利さからです。転車台とかコストもかかるし大変ですもんね。

ちなみに当時から9600も好きだったのですが、やや縮尺の大きいエンドウ製のものしか選択肢が無く、後に発売されたTOMIXもディティールが今一つ。いまなら良く出来たKATOのものを買っていたのでしょうね!

そんなわけで満を持して登場した9600となります。

IMG_8939.jpg
▲四苦八苦しながらテンダーも連結してみました!

恐らく筆者が最も好きなSLはと問われれば、この9600と答えると思います。国産初期のSLでありながら、実は筆者の子供のころ1970年代には九州や北海道で、まだわずかに働いている個体もあり、結果的に最後まで生き残ったSLの一つなのです。
太いボイラーに短足な(小さな)動輪が4つ、コンパクトな中にギュッと寸詰まった機能美を感じます。
華麗に優等列車を牽引するでもなく、煤けた鉱山の町や厳しい北海道のローカル線や専用線で地道に働く姿、残念ながら雑誌でしか見ておりませんでしたが、まさに筆者の好み満載なのです。

IMG_8962.jpg
▲九州の筑豊地方で活躍していたいくつかのタイプがモデルとなっています。後藤寺所属にしようかなと。

さてさて、そんな機関車も真鍮製となるとなかなか手が届きません。今回は何とかあちこち探し回り1998年製のデッドストックを、18年の時を経て何とか入手しました。デフ付きとデフ無しが選べましたが、やはり最初の一台となれば、蒸気機関車の美しさを楽しめるデフ無しと思いました。

牽引する貨車としてはセム、セムフなどがあるのでしょうけれど、ムサシノモデル製の高価な貨車となりますので、今回はぐっと我慢し手持ちの二軸貨車や旧型客車をけん引したいと思います。ナンバープレートなど取りつけましたら、また改めて撮影しなおします!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ウラタニハ

Author:ウラタニハ
はにたらうの”ウラニハ”へようこそ!1970年代~80年代に活躍した鉄道が忘れられず模型の世界にどっぷりとハマっています。たまに実物も。更新頻度は高くないかもしれませんが、とりあえず出発進行!

カテゴリ
カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR