FC2ブログ

エンドウの西武鉄道E851 予告編


▲エンドウの西武鉄道E851、とりあえず説明書とか部品・インレタを再確認しています。

現時点で牽引すべき貨車のインレタを張り終えたことから、いよいよご本尊に着手することにしました。が、その前に、改めて説明書やら部品等を確認します。そして、気になっていた部分(車体裾の一部塗装剥げ)についてタッチアップしました。

IMG_6239.jpg
▲タッチアップといっても、安直に!家にあった油性ペンでちょちょっと。

#うーんそれにしてもカッコイイ!(個人的思い入れ強し)

中間台車が当たる部分に、1mm程度の剥げが2,3個所あったのです。これは、某模型店でデッドストックを見つけた時に、お店の人からは云われていて、それを承知の上で買ったものですから問題ないのですが。ラッカー塗料で本格的にやるか迷っておりましたが、ここはお気楽に油性ペンで対処しちゃいました。結果、全く気にならなくなりました!

IMG_6244.jpg
▲取り付け部品一覧。

インレタや製造銘板、不得意ですがワイパー等は他の機関車と変わりなし。特徴的なのは台車に取り付ける乗務員ステップぐらいでしょうか。避雷器は、西武鉄道独特の六角形のものも付属していて交換可能です。

IMG_6245.jpg
▲取り付け位置に関する図面もあり。

しかし、この手の図面を信用しすぎて、過去に失敗したケースが良くあるため、今回は、交友社刊 後藤文男著 『西武の赤い電機』で実際の写真を確かめながら慎重に進めることにします。

IMG_6249.jpg
▲ワイパー取り付け穴が・・・早く取り付けてあげたい。

この模型になかなか着手できない、最大の悩み。それは「デフロスターをどう取り付けるか」です。ここまで精密な模型を製造しておきながら、エンドウさん。どうしてデフロスターが無いの!?って感じ。付属部品にもありません。

とりあえずエコーモデルでデフロスターを調達したのですが、やっぱ車体分解ですよね!?天賞堂と違って、ライト用の配線とかあったりしますよね!?(天賞堂は銅板がスプリング構造になった接点なので安心して分解できるのですが)

塗装が剥げないように慎重に・・・ってことで躊躇してしまっていたのですが、こればかりは一度やってみるしかない。

IMG_6248.jpg
▲先日のEF60と似たようなアングルで。模型としても良い佇まいです。

国鉄のEF60、65、81をミックスしたような構成の機関車です。三菱って私鉄向けにこういうコピー機を製造することが多いような・・・
近い将来、ムサシノモデルが完璧な?E851を出すと思いますが、エンドウのE851も模型として楽しめるような機関車にしたいですね。進展がありましたら、また掲載します。

IMG_6243.jpg
乞うご期待!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ウラタニハ

Author:ウラタニハ
はにたらうの”ウラニハ”へようこそ!1970年代~80年代に活躍した鉄道が忘れられず模型の世界にどっぷりとハマっています。たまに実物も。更新頻度は高くないかもしれませんが、とりあえず出発進行!

カテゴリ
カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR