FC2ブログ

2002年5月2日、氷見線のキハ52大糸色他


▲糸魚川を出た後、富山の道の駅で友人と待ち合わせ。K氏のMR2と当時の愛車318i。

今から12年前のGW、富山から見た北アルプスをバックに鉄道写真を撮りたかったのですが、何分春先のこの時期は湿気が多くて霞みがちでしたね。前回ご紹介したスポットで撮影後、氷見線に向かいます。期待するところは富山湾越しに見る北アルプスですが・・・

まずは列車時刻の関係で、越中国分駅で撮影。

sFH000003.jpg
▲雨晴行きが到着しました。キハ40 2135 + キハ52 124。

氷見線に大糸色のキハ52が入っているなんて、このとき初めて知りました。臙脂色のキハ40も良い雰囲気ですね。

sFH000005.jpg
▲2002/5/2 越中国分駅。端正なキハ52の面持ち。

1線片面ホームの静かな駅にディーゼルエンジン音が響きます。乗る人は無し、降りる人は学生ぐらい。列車が発車するとまた静けさが戻りました。

この先、雨晴海岸に。国道の駐車スポットから氷見線を撮影できる良い場所があるのですよ。そこで、先ほどの列車が折り返してくるのを待ちます。

sFH000009.jpg
▲2002/5/2 雨晴海岸。 キハ52 124を先頭に、高岡行き。

さらに終点氷見に向けて。また列車の時間の都合で、駅に立ち寄ります。フジの花の写真を撮っていることから、島尾駅ではないかと思われます。

sFH000016.jpg
▲藤棚が綺麗だったのですよ!

sFH000011.jpg
▲駅に到着したキハ40 2135。

良く見ると、側面客室窓はアルミサッシに取り替えられてますね。臙脂色にアルミの窓枠が映えます。

sFH000014_20140429221006ec7.jpg
▲そして、再び折り返してきた高岡行き列車を。キハ52はやはり良いです。

ゆったりとした時間ですね。この後、氷見の道の駅で富山湾の海産物に舌鼓を打ち、(イカ墨の塩辛、ご飯が止まりません事件勃発。若かった・・・)再び高岡方面に引き返します。ラストは先ほどの場所で富山湾、北アルプスを振り返って。

sFH000019_201404292210341d1.jpg
▲お昼過ぎて、北アルプスは完全に霞んでしまいました・・・左上の空白に見えるはずなのですが(^^ゞ

次回は高岡市内、万葉線を訪ねます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

あの頃は

蛍烏賊の置き漬け。危険だった。ご飯が何杯あっても、足るまいて。
いまや、酒が何合あっても、足るまいて!?

キハ52、まさか後に北東北に通うことになるとは、
この時まだ知らず。

(o|c)

No title

まいたけさん

こんばんは。そうか、このときはまだ奈良でしたか。
北陸に移り住んだのは、この後でしたな。
12年もすると記憶があいまいになるもんですワイ(^^ゞ
プロフィール

ウラタニハ

Author:ウラタニハ
はにたらうの”ウラニハ”へようこそ!1970年代~80年代に活躍した鉄道が忘れられず模型の世界にどっぷりとハマっています。たまに実物も。更新頻度は高くないかもしれませんが、とりあえず出発進行!

カテゴリ
カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR