FC2ブログ

2014年3月、信越本線の115系(1)


▲2014/3/30 高崎駅 両毛線633M伊勢崎行き クモハ115-1035
(高崎車両センターT1046編成 高崎← クハ115-1035+モハ114-1046+クモハ115-1036 →伊勢崎

某鉄道研究会の校外学習会?があり横川に行って参りました。先日まで模型でご紹介した115系の現状をレポートいたします。

sIMG_2778.jpg
▲上野駅14番線ホームに集合し、高崎線のグリーン車の車端部「個室」利用です。

圧倒的に乗り心地の良い233系を期待していたのですが・・・231系でした(´・ω・`)ショボン
気を取り直して・・・

sIMG_2781.jpg
▲大幹事O様の大号令のもと、朝っぱらからワンカップでGO!

美味しいおつまみを沢山いただいてしまいました。ゴチソウサマでした。

で、車窓を見ながらアレヤコレヤ、楽しい鉄旅が盛り上がり、あっと言う間に高崎到着。さて、筆者的にはここからが本番です。

高崎と云へば、今や関東では115系湘南色が唯一残っている地域。あんなにメジャーで目障り(とまで言っちゃかわいそうか・・・)だった115系も今や風前の灯火ですね。かつて、この地区に旧型国電の70系が残っていたのと同様に、当時彼らを追った「最新鋭」の115系1000番台が「旧型国電」となって世を追われているのです。何だか時代を感じますね。

横川行きも無事に115系が入線。早速乗りこんでみましょう。
乗った編成は以下の通り。
T1090 高崎← クハ115-1063+モハ114-1090+モハ115-1029+クハ115-1114 →横川

xIMG_2802.jpg
▲モハ115に乗りました。お隣の電車も115系!湘南色同士が並んでいるのも良い雰囲気ですね。

xIMG_2804.jpg
▲この車両は窓が全開できることに気が付きました。1000番台はユニットサッシです。

雨ですし、少し肌寒かったのですぐに閉めましたが・・・ところで、お隣の車両は、ボックスシート改造されてますね。

久しぶりに乗るコイルバネDT21の乗り心地を感じながら4両編成の133M横川行きは高崎駅を発車!一駅進むごとに車内はガラガラに。

sIMG_2819.jpg
▲安中、磯辺を過ぎるころは。こうなると車内の写真を取り放題ですね!(モハ115-1029)

xIMG_2826.jpg
▲座席は国鉄由来のボックスシートのモケットを張り換えただけのもの。

1000番台のボックスシートは、同時代の113系2000番台と同様、以前のものに比べて横幅やシートピッチが改善されていたはずです。云わば国鉄近郊型ボックスシートの完成形ではないでしょうか!?また、その後のアコモデーション改造で色々工夫された車もあるようですが、筆者にとっては、結局はこの形状が一番掛け心地も良くリラックスできるように感じます。

xIMG_2815.jpg
▲1000番台の車端部はロングシートなのですよ、TOMIXさん。

そして貫通扉横の出っ張りは、雪切り室です。

xIMG_2824.jpg
▲1000番台の特徴は、この客室スペースを犠牲にしてまで設けられた雪切り室ですね。

1963年の0番台から1983年の3000番台最終増備まで、20年にもわたって製造された115系。1000番台は1977年から1982年まで製造が続けられた(ウィキペディア情報)らしいです。80年代の、高度成長期よりは少し余裕が出てきて、それまでの香りを残しつつも各部が洗練されてきた、あの時代の雰囲気を残しています。

xIMG_2836.jpg
▲クハ115-1114室内。運転席の後ろから。

さて、いよいよ雨の横川到着。横川駅では115系外見の写真も撮りましたので、次回ご紹介します。

(つづく)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ウラタニハ

Author:ウラタニハ
はにたらうの”ウラニハ”へようこそ!1970年代~80年代に活躍した鉄道が忘れられず模型の世界にどっぷりとハマっています。たまに実物も。更新頻度は高くないかもしれませんが、とりあえず出発進行!

カテゴリ
カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR