でんてつ工房の115系0番台(1)


▲でんてつ工房、115系が入線しました。(箱から出したてで未整備です)

以前から気になっていた、でんてつ工房の115系を導入しました。実は発売前からでんてつ工房さんで試作品を見せてもらったりして導入を決めていたのですが、ここのところ新車ラッシュで後回しになっておりました。

それにしても初期型0番台をプラスティックで製品化とは、素直にでんてつ工房を称えたいですね!プラスティック模型は大量生産、大量消費しないとペイしないハズですから、ベンダーも大きなリスクを抱えるはずです。そんなでんてつ工房さんをもっと応援したい!!

sIMG_2666.jpg
▲乗務員ドアが前寄りなのも特徴。0番台は運転室が狭いのですよ。

筆者、このブログの初期にTOMIXの115系をご紹介しましたが、いわゆる3扉の国鉄近郊型電車は好みでありまして、とりわけいつも身近に走っていた115系は今となっては愛しい存在にまでなっています。それが高崎地区に行けば今なお現役で走っているのも嬉しいものです。

sIMG_2665.jpg
▲車端部ドア周りの窓配置も違いますし、何よりユニットサッシではない、角の丸い窓が特徴です。

今、と云いますのは、昔は掃いて捨てるほど走っていたもので・・・東北高崎線は湘南色15両編成でしたし、中央線も中間にサハを2両挟んだスカ色8両編成、といった按配で。しかしながら、安泰と思われていた長野地区、高崎地区にも改造された211系や、今主役の231系、233系が入ればあっと言う間ですよね。かつてそれらの線区から旧型国電が追われたように。

sIMG_2662.jpg
▲当社初入線のモハ115。でんてつ工房製はこちらにモータを搭載しています。

3ドアボックスシートとなればローカル線の雰囲気たっぷりですが、当時としては急行型などの2ドアが首都圏の通勤輸送に耐えられなくなって(上尾事件などの頃です)導入されたという経緯があり、いわゆる通勤輸送のための車両なのです。それが、今やグリーン車が連結されたり一部ボックスシートが残っているものの、4ドアロングシートになっているのだから驚きですね。

sIMG_2663.jpg
▲パンタグラフを搭載するモハ114。模型的にはトレーラになってます。

でんてつ工房の製品、大変出来栄えが宜しいようで、圧倒的な品質にびっくりさせられたTOMIXの115系と比べてもそん色ありません。今のところ製品化されているのはクハとモハのみ、全て非冷房車です。正面手すりや室内灯は取り付け済み。側面では冬季手動ドア用の取っ手のモールドが良い感じに目立ってます。番号以外の細かいインレタが予め印刷されているのも親切です。

sIMG_2669.jpg
▲パンタグラフも破たん無い出来栄えです。

パンタグラフは上げた時も畳んだ時も歪みなく、バランスの良い造形です。配線はしっかりとモールドされているという印象ですが、この写真で見る通り、屋根とボディのチリが気になる人には気になるかも知れません。パンタについても、これ以上こだわる場合はimonパンタですかね・・・動力については、お店での試走を見る限りでは大変スムーズな走行でした。

さて、気になる人には気になる、TOMIXの115系1000番台との比較です。

sIMG_2671.jpg
▲並べてみると・・・イイ感じ!!

並べてみると、お互いがお互いをひきたてる存在ですね!0番台の原型ヘッドライト(いわゆる「デカ目」)や、1000番台のシールドビーム、タイフォンカバーの違いなど、それぞれに原型の良さ、「新型」の良さがあります。

sIMG_2672.jpg
▲やや上からのショット。

TOMIXはクハ、サハ、モハ、クモハの4連。でんてつ工房はクハ、モハ、モハ、クハの4連。同じ4連でも一味違うところがミソです。TOMIXのサハは、冷房車しか売っていませんでしたので、わざわざ非冷房化したものです。正直な話、こうして並べてみても色とか造形には全く違和感が無く、まるで同じ会社の製品であるかのようです。唯一残念なのは連結器の互換性が無いことぐらいですかね。

sIMG_2676.jpg
▲TOMIXの1000番台に目をやりますと・・・

TOMIXの1000番台は正面手すりを0.4mmの真鍮線で自作(やや太いとお嘆きの諸兄もいらっしゃるかと思いますが、筆者としては模型的にこれぐらいで良いと思っています)行き先方向幕は導光部を削って、同じくTOMIX455系のパーツをはめ込んであります。

sIMG_2678.jpg

このような車両達が、比較的リーズナブルなプラスティック製品として出てくれるのは有難いことです。でんてつ工房さんからは、モハ、モハ、サハの増結3両セットが予定されていますし、スカ色の800番台などのバリエーション展開もある模様です。一方、TOMIXもコカコーラ電車などで地道に改良再生産されておりますので、115系湘南色も首を長くして待ちたいと思います。将来的には15両編成か!?家で走らせるところないデスが・・・

さて次回は、インレタやパーツを取り付けたら改めてご紹介します。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

でんてつ工房さんですか。
ワムさんやUトレさんにお世話になっておきながら
彼らの悪口を言うのはよくないけどねえ。
何で世話になった人たちを妬んで批判するかね?
自分の商売を大きくできないからって人のこと妬んでもしょうがないのに。
何かといえば京王電鉄にいたとか学歴自慢。東京外語大をでたらしいです。
この業界年配の人は高卒が多いですからね。
どうおもいますか?
プロフィール

ウラタニハ

Author:ウラタニハ
はにたらうの”ウラニハ”へようこそ!1970年代~80年代に活躍した鉄道が忘れられず模型の世界にどっぷりとハマっています。たまに実物も。更新頻度は高くないかもしれませんが、とりあえず出発進行!

カテゴリ
カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR