FC2ブログ

引き続き運転


▲疾走!

友人たちを迎えての運転会もあっと言う間に終了。すぐに線路を片付けてしまうのも何なので、まずは気になっていたダブルクロスの位置を、ややヤードよりに補正。

sIMG_2498.jpg
▲本線の退避区間の延長と、ヤードへの支線の短縮化。結果として運転しやすいレイアウトとなりました。

うん、一人で走らせるなら全線複線よりもこちらのほうが扱いやすいカモ。

で、最近走らせていないこんなのも出してみました!

sIMG_2513.jpg
このブログ初期にご紹介したTOMIX115系の4両編成。

115系、ちゃんと健在です。ノーメンテなのに走りも抜群に安定していて、これはブラス電車チームを脅かす存在ですね。同じTOMIXでも113系は再生産されたのに、115系は長野色とかコカコーラ、広島色といった変わり種は出すものの、なかなか湘南色が再生産されません。お願いしますよ!ちなみに455系も出れば候補です。

sIMG_2542.jpg
▲KATOの制御機KC-1も接続して運転してみると、早速常点灯効果が!

KC-1とEP-80を単純比較はできないけれど、電車、特にコアレスモータなどの繊細な走りや常点灯で灯火類を楽しむにはKC-1のパルス制御が向いていますね。EP-80は低速のしっとりさ、EN22モータにフライホイールを装備する機関車などに良いのかもしれません。

sIMG_2522.jpg
▲前回試運転をしたきりだった京成3300形を本格整備。

いつもの注射器で軸受けにグリスを塗布するも、昨今のピポットの軸に旨く入らず、キーキー鳴ってしまいます。やむを得ず台車を分解し塗布。ようやくスムーズな走りとなりました。

sIMG_2514.jpg
▲ヤード4本に2編成はもったいない気もしますが、まお片付けの時間も近づいて。

キャノンコアレスモータLN15のこの車両、低電圧から繊細な走りをしますが、EP-80で運転すると、やや繊細過ぎるきらいがあります。すなわち、低速時の速度にムラがあり、室内灯もチカチカします。KATOのクリーナーを使ってタイヤやレールの清掃なども行いますがさほど改善されず。一方KC-1で運転すると室内灯もクッキリ点灯、走りもビシッと安定します。

この電車にはパレス制御のKC-1が合っているのかも!?ま、今後も引き続き色々な車両で試してみたいと思います。

sIMG_2537.jpg
▲普通津田沼行き、通過表示灯も点灯するんですけど、このスイッチを入れる日がくるのでしょうか!?

模型の話に触れますと、この京成3300形、方向幕などは豊富に入っております。筆者としては普通高砂や金町行きでも良いわけですが、説明書にはこの津田沼行き普通の表示の上から張ってくれとあります。ライトonしたとき、津田沼が透けやしないか、それが心配でデフォルトのままとしております。

sIMG_2536.jpg
いつぞやの「東臺門」(東台門)(上野トンネルの入り口)で走り去る3300形を思い出してしまうテールランプ。

3300形、いつまでも良い走りができるよう、これからもこまめにメンテして参りますぞ!ではでは!!

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ウラタニハ

Author:ウラタニハ
はにたらうの”ウラニハ”へようこそ!1970年代~80年代に活躍した鉄道が忘れられず模型の世界にどっぷりとハマっています。たまに実物も。更新頻度は高くないかもしれませんが、とりあえず出発進行!

カテゴリ
カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR