スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地味に増殖中!エンドウのキハ


▲キユニ26 バス窓、首都圏色。(モデルプラザエンドウ特製品、モータ無し)

ネタがない故、この期に及んで昨年増備したキハなどを引っ張り出し。
ワイパーやインレタをつけていない、いわゆる箱出し状態ですがご容赦ください(^^ゞ

キユニ26、特に首都圏色となると、知らない人が見たら20系気動車かと思うかもしれませんが、キハ55系由来です。キユニ26は様々な型式から改造されタイプも数多ありますが、この車両のプロトタイプはキロハ25初期型バス窓車です。荷物室のたった一つの窓に、その名残が見えるのがポイント。

ネット上を検索しますと、急行色のキロハ25が奈良機関区の頃の写真がヒットしたりしますが、首都圏色はおそらく四国に渡った後だと思います。

ま、そんなことは気にせず、何にでも繋げてしまう、筆者のアバウトさよ。
首都圏色にシールドビームという国鉄末期感が醸し出されており、筆者的には好印象なのです。

IMG_5831.jpg
▲同じく末期感漂うキハ26晩年型。(モデルプラザエンドウ特製品、キャノンコアレスモータLN15)

こちらもシールドビームで、本来雨どいにあった急行色の赤帯が消されてしまっています。当時はシールドビーム化工事された車両を「ブタ鼻」と揶揄し嫌っていた筆者ですが、今はどうしたことか。いつの間にか、この改造されて使い倒された感のある姿が好きになってしまいました。

IMG_5830.jpg
▲こんな感じの編成を並べてみて、ぼーっと眺めているとあっという間に時間がたちます。

で、線路がいっぱい敷いてありますが・・・こんな車両も増備しています。

IMG_5839.jpg
▲キハ20 200 首都圏色。(エンドウ、キャノンコアレスモータLN14)

エンドウさんのキハ20系首都圏色、筆者の16番ゲージ最初に購入したキハとなりますが、初代は非力なCN16片軸駆動でした。モータが新しくなってから一般色は購入したものの、首都圏色はこれが初めてです。この世代になってから、インテリア付き、テールランプ点灯式になったのも特筆すべき事柄です。

16番ゲージ、高価な割には最近までインテリア無しが当たり前のようになっていましたが、最近はようやくこのようにインテリアがついてくるようになりました。

IMG_5834.jpg
▲そんなわけで、M+Tの2両を増備しました。

いやー何度見てもこの形、好きですね。キハ58系よりも、このキハ20系や55系の端正ある顔立ちが好きです。
筆者の希望としては、キハ20 0番台(初期型バス窓車)のシールドビーム、首都圏色版なのですが、追加されないものでしょうかね。

IMG_5836.jpg
▲全員集合!

IMG_5840.jpg
▲こんな編成にしても違和感なく。

キハ26 + キハ20 + キハ20 + キユニ26
あ、偶然、全部1エンジン車でしたね!

キハ20系、キハ30系、キハ23系、キハ40系と、全部並べたら大変なことになっていそうですね。
そしてインレタや付属品も何とかしなくちゃ・・・
スポンサーサイト
プロフィール

ウラタニハ

Author:ウラタニハ
はにたらうの”ウラニハ”へようこそ!1970年代~80年代に活躍した鉄道が忘れられず模型の世界にどっぷりとハマっています。たまに実物も。更新頻度は高くないかもしれませんが、とりあえず出発進行!

カテゴリ
カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。