京成電鉄からの撤収

RIMG15673.jpg
▲我が鉄道への在籍期間としては比較的短期間だった、京成3300形。

このところ行き詰まりを見せていた京成電鉄のコレクションを整理することにしました。

今年に入ってすぐの頃、ようやく「でんてつ工房」から3150形完成の連絡をいただいたのですが、そのための資金はすでにムサシノのDD51や天賞堂ED78、さらに別件のバイクTL125の購入や修理代金に化けており、すぐに引き取りができなかったことが大きかった。


▲蒲田の模型ショウで見た、でんてつ工房さんの3150形。

sRIMG17954_20160627005233ae2.jpg
▲キャンセル待ちだったどなたかの手に渡ったのでしょうね・・・

結論としては、でんてつ工房さんには申し訳なかったですが、キャンセルの連絡をしました。そして、エンドウの3300形についても発展性が無くなり、このまま持っていても「箪笥の肥」状態。ってことでimon秋葉原店に併設されているMONTAさんに、委託品として売ることにしました。

sIMG_2278.jpg
▲写真は購入後箱から出したばかりのときのもの。委託に出した時点ではインレタなど全て貼り付け済みの状態でした。

1週間以内で売れてしまいました。売れてしまうと寂しいものです。ま、損得勘定無視の出血大サービス価格でしたので、手に入れた方はラッキーでしたね。そう、後の人が楽しんでくれれば、それでいい!

京成電鉄を委託に出したときに、同じく箪笥の肥担っているこれらも出しました。

sRIMG13127.jpg
▲エンドウのクモニ83 0番台(M&T、写真の後ろはクモユ141ですが)

このエンドウ製品、どうやら正面窓が実物よりやや低い位置にあるようです。我が鉄道の115系に連結するものとしては、今年の夏に発売されるTOMIXのプラ製品に期待しましょう。

sRIMG13128.jpg
▲郵便荷物電車軍団はクモニ143(M)とクモユ141(M)が残るのみとなりました。

その他、KATOの12系客車9両のうち、初期に購入しLED室内灯を取り付けていた5両(スハフ、オハフ含む)、茶箱のオハフ33、エンドウのセキ3000など。いずれも破格にて。こちらでご紹介する前に、あっと言う間に売れてしまいました。

鉄道模型も余程慎重に選ばないと、Nゲージと同様、こういうことになってしまいますなぁと、反省することしきり!
プロフィール

ウラタニハ

Author:ウラタニハ
はにたらうの”ウラニハ”へようこそ!1970年代~80年代に活躍した鉄道が忘れられず模型の世界にどっぷりとハマっています。たまに実物も。更新頻度は高くないかもしれませんが、とりあえず出発進行!

カテゴリ
カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR