TOMIXの113系2000番台 関西線色(修正済み)

IMG_7574.jpg
▲このたび、ウラニハ電車区に配属となった113系2000番台関西線色、春日色とも言ってます。
(パーツやインレタはこれからです。悪しからず・・・)

名古屋から連れ帰ったTOMIXの113系関西線色。関西線色と阪和線色は初期製品(青箱)のころのバリエーションですから、もうずいぶん前の製品になります。湘南色と横須賀色は各部リニューアルの上、再生産されていますから、最新のTOMIX16番と見比べてしまいますと、前面方向幕がシール式だったり、ちょっと見劣りする部分がありますね。


▲クハ111 2000の先頭部をズームアップ。

ですが、プラスチック16番ならではの繊細なディティールは、例えばユニットサッシの上段下段の差を表現するなど、こうやってじっくり見ても良いなと思わせる雰囲気を持っています。また、この頃のモータはキャノンのCN22をベースとしていますから、最新の製品よりパワーはあるものと思われます。(ウラニハ電車区に所属する115系も同じ仕様です。)

IMG_7572.jpg
▲ちょっと前のカタログより。

113系の中でも旧来と比べると、2000番台では屋根上のベンチレータがグローブ型から押し込み型に変わり、室内ではボックスシートの幅やシートピッチが拡大されたことが目立った変更点でしょうか。国鉄近郊形として111系より大量に生産された最後を飾る集大成のような車だったと思います。

当時は新製車を東京や大阪といった大都市圏に投入し、関西線のようなローカル線には、そのお古が回ってくるのが常でしたので、関西線色のほとんどは113系の初期型(いわゆるオンボロなやつ)ばかりで、派手な塗装でごまかしていたイメージが強かったものでした。

それでも、国鉄という全国規格の統一された世界にあって、当時は関西地区にしか見られなかった新快速色(ブルーライナー)を、奈良の春日大社にちなんで朱色としたオリジナルカラー。中身は変わらないのに、何となく色がカッコいいだけで得した気分になった当時小坊の筆者でございます。

そんな中、電化された桜井線で関西線色の2000番台に偶然乗り合わせた時には、いよいよ国鉄も新型車を投入したのか!とえらく関心したものです。当時は今のように情報も無い時代、新車の匂いのする真新しい室内に、急行のようにゆったりとしたボックスシート、それによって若干狭くなった通路に目を見はったものでした。

後々、資料などを確認してみると、桜井線電化にあわせて日根野に6両編成3本が投入されたとのことで、この地区に新製車が投入されるという、当時としては画期的な出来事に立ち会ったことになりますな~(^^ゞ

鉄道ファンのバックナンバーで車両の動きを確認したところ、以下の編成があぶり出されました。

113系2000番台関西線色

通常、桜井線は初期車の4両編成が多かったのですが、恐らくこの時は桜井線経由の大阪往きだったものと思われます。幸いインレタは全ての番号をカバーしていますので、この中からどれかを選びたいと思います。

さて、パーツ、インレタ取り付け前ですが、ご参考までに、カタログ写真には無い角度のものをいくつか掲載しておきます。

IMG_7588.jpg
▲クハ111 2000のトイレ側側面です。

トイレは装備されているものの、関西線ではトイレ使用禁止だったか、いやタンクがついてからはOKとなったかは覚えていません。いずれにせよ、2000番台からは、大阪側の先頭車にはトイレがつかなくなりましたね・・・

以下、斜め上から各車両を眺めてみましょう。

IMG_7577.jpg
▲クハ111 2000

IMG_7580.jpg
▲モハ112 2000

IMG_7581.jpg
▲モハ113 2000

IMG_7582.jpg
▲クハ111 2100

クハ111-2100の事を調べていて興味深かったのは、2145まではトイレ無しで、2146からは再びトイレ付きで製造されたようです。配置先での様々な背景があったのでしょうか。

さて、この113系はあくまで80年代初頭の国鉄仕様で仕上げたいと思います。インレタには天ナラしか無いようですから、日根野から移ってからの時代ですね。しかし、こうなってくると、TOMIXの最新仕様の113系でも関西線色のバリエーションを再生産して欲しくなってしまいます。また、113系0番台なんてのも思わず期待しちゃいます。
115系湘南色と云い、何故かドストライクな製品がなかなか出てきませんねぇ・・・

IMG_7590.jpg

485系もあることだし、完成は気長にお待ちくださ~い!!

さよなら出張?の旅


▲東海地方のローカルなどを乗り継ぎ。(2016/4/8)

JR東海は国鉄車両を一掃するらしいですから、この211系も見おさめかもしれませんね。

4月1日で職場を異動となったため、これまでのお客様に異動のご挨拶に。静岡県、兵庫県と巡ってきました。

IMG_7520.jpg
▲これに乗ったというわけではなく、この駅にある鰻屋さんで御馳走になってしまったのです。(天竜浜名湖鉄道 新所原)

IMG_7522.jpg
▲久しぶりに乗った、”ラージA”

在来線や新幹線を乗り継ぎ・・・さくさくと挨拶を済ませて、現地解散。

新大阪から折り返し東京方面に、のぞみでGO!

IMG_7525.jpg
▲梅小路(京都の鉄道博物館)は未だかいな!?

もうすぐ(ゴールデンウィーク頃)開館らしいですが、機関区や京都市電もあわせて楽しみですね。筆者は皆さんの熱が冷めたころにひっそりと参りたいと思います。

IMG_7530.jpg
▲京都駅進入時に近鉄京都線8000系4連に遭遇。

8600ではありません。ラインデリアタイプの8000系4連を改造した冷房車!筆者小学生の頃(ああ、40年前)から走ってます。ベテラン選手ですなぁ。

IMG_7533.jpg
▲京都駅を出発すると、JR奈良線の103系に遭遇。

こちらも同じくベテラン選手。関西には低運転台の103系が走っていて良いですな。さながら、現代の「旧型国電」です。

で名古屋で寄り道。ちょっと、私的お宝発掘調査&鑑定団をやってまして、金山方面に。その後、名古屋駅ホームに舞い戻り。

IMG_7538.jpg
▲311系、武豊線の区間快速です。

IMG_7540.jpg
▲2連窓がカッコいいと感じる筆者。何と、311系のトップナンバー編成!

IMG_7543.jpg
▲ずらりと並ぶ転換クロスシート。東京には無いサービスですね。関西や中京圏が羨ましい限り。

IMG_7536.jpg
▲キハ75系のディーゼル音もまた良し。

そんなディーゼルのエンジン音なども聴きながら、きしめんなどを啜ろうではないか。(きしめんについては本編のほうに書く予感がします。)

IMG_7552.jpg
▲このホームにはメニューの売り切れが多く、結局東海道線のホームのほうに移動しましたが。

熱燗で一杯やった後、無事にきしめんもすすり大満足。駅前の東横インに向かい、本日の収穫品をば。

IMG_7563.jpg
▲ああ、買っちゃいました。

IMG_7565.jpg
▲TOMIXの113系関西線快速色。

欲しいと思っているうちに、東京では在庫を見なくなって久しい、青箱の品。「見ちゃったんです。」といったMファンドの代表よろしく、「買っちゃうことはいけないことですか!?」と開き直る。これが正しい模型道!

というわけで、485系もこれから着手というときに・・・またの機会に詳しくご紹介します。
プロフィール

ウラタニハ

Author:ウラタニハ
はにたらうの”ウラニハ”へようこそ!1970年代~80年代に活躍した鉄道が忘れられず模型の世界にどっぷりとハマっています。たまに実物も。更新頻度は高くないかもしれませんが、とりあえず出発進行!

カテゴリ
カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR