引き続き運転


▲疾走!

友人たちを迎えての運転会もあっと言う間に終了。すぐに線路を片付けてしまうのも何なので、まずは気になっていたダブルクロスの位置を、ややヤードよりに補正。

sIMG_2498.jpg
▲本線の退避区間の延長と、ヤードへの支線の短縮化。結果として運転しやすいレイアウトとなりました。

うん、一人で走らせるなら全線複線よりもこちらのほうが扱いやすいカモ。

で、最近走らせていないこんなのも出してみました!

sIMG_2513.jpg
このブログ初期にご紹介したTOMIX115系の4両編成。

115系、ちゃんと健在です。ノーメンテなのに走りも抜群に安定していて、これはブラス電車チームを脅かす存在ですね。同じTOMIXでも113系は再生産されたのに、115系は長野色とかコカコーラ、広島色といった変わり種は出すものの、なかなか湘南色が再生産されません。お願いしますよ!ちなみに455系も出れば候補です。

sIMG_2542.jpg
▲KATOの制御機KC-1も接続して運転してみると、早速常点灯効果が!

KC-1とEP-80を単純比較はできないけれど、電車、特にコアレスモータなどの繊細な走りや常点灯で灯火類を楽しむにはKC-1のパルス制御が向いていますね。EP-80は低速のしっとりさ、EN22モータにフライホイールを装備する機関車などに良いのかもしれません。

sIMG_2522.jpg
▲前回試運転をしたきりだった京成3300形を本格整備。

いつもの注射器で軸受けにグリスを塗布するも、昨今のピポットの軸に旨く入らず、キーキー鳴ってしまいます。やむを得ず台車を分解し塗布。ようやくスムーズな走りとなりました。

sIMG_2514.jpg
▲ヤード4本に2編成はもったいない気もしますが、まお片付けの時間も近づいて。

キャノンコアレスモータLN15のこの車両、低電圧から繊細な走りをしますが、EP-80で運転すると、やや繊細過ぎるきらいがあります。すなわち、低速時の速度にムラがあり、室内灯もチカチカします。KATOのクリーナーを使ってタイヤやレールの清掃なども行いますがさほど改善されず。一方KC-1で運転すると室内灯もクッキリ点灯、走りもビシッと安定します。

この電車にはパレス制御のKC-1が合っているのかも!?ま、今後も引き続き色々な車両で試してみたいと思います。

sIMG_2537.jpg
▲普通津田沼行き、通過表示灯も点灯するんですけど、このスイッチを入れる日がくるのでしょうか!?

模型の話に触れますと、この京成3300形、方向幕などは豊富に入っております。筆者としては普通高砂や金町行きでも良いわけですが、説明書にはこの津田沼行き普通の表示の上から張ってくれとあります。ライトonしたとき、津田沼が透けやしないか、それが心配でデフォルトのままとしております。

sIMG_2536.jpg
いつぞやの「東臺門」(東台門)(上野トンネルの入り口)で走り去る3300形を思い出してしまうテールランプ。

3300形、いつまでも良い走りができるよう、これからもこまめにメンテして参りますぞ!ではでは!!

乗り入れ


▲我がお座敷鉄道に乗り入れ車両です。

再びの大雪でしたね。雪景色の鉄道写真を撮影しに行かれた方も多かったのではないでしょうか。今回は筆者は家で大人しく模型の運転会です。残雪の残る中、中学校時代(もはや30年来か・・・)からの友人S氏、A氏が来訪してくれました。

sIMG_2451.jpg
▲複線に見えますが、単線エンドレスに長めの待避線、ヤード4本を備えたレイアウトです。

20140215_運転会
▲運転会後、使い勝手などを考慮し、ダブルクロスの位置を赤色のところに移動しました。

パワーパックも今回はEP-80のみだったのですが、運転会終了後にKATOのものも引っ張り出してきて性能比較してみました。その模様はまた次の機会に。

さて、今回の乗り入れ車両ですが・・・

sIMG_2453.jpg
▲A氏の京葉臨海KD55が牽引するコンテナ貨物。

海上コンテナ(タンクコンテナ)は文字通り海外製品で縮尺がやや違うそうですが、こうして見る限りでは違和感は無いですね!

sIMG_2461.jpg
▲S氏は天賞堂プラスティック製EH10を。

プラスティック製機関車に抵抗感のある筆者ですが、実際に走行シーンを見ると、そういう偏見は吹き飛びそうです。実際、このEH10、走りも作りもかなり良い出来です。天プラと云えども初代のキハ20から随分沢山の車両を模型化してきましたから、随分と洗練されてきたのかも知れませんね。

sIMG_2458.jpg
▲そして秩父鉄道にゆかりのある車両が徐々に登場し・・・

sIMG_2470.jpg
▲キタ-(゚∀゚)-!

sIMG_2466.jpg
▲A氏所有のパレオ(緑塗装)。緑の12系客車、美しいです!

模型的にはミニトワイライトといった按配。
ああ、私のデキ201もパレオ色で作ってもらえば良かったか!?

sIMG_2473.jpg
▲4本停泊できるヤードに並べ。

筆者はデキ201(青)とワキ800、デハ1000(ウグイス)を出走。実はこの日はあまり時間が無かったのです。我が秩父軍団を全車両出せば盛り上がったかもしれませんが、それはまたの機会に。

sIMG_2479.jpg
▲楽しい時間はあっと言う間に過ぎてお開き。

またよろしくお願いいたします。Sさん、せっかく持ってきていただいた長野電鉄、走らせられなくてゴメンナサイ。

都心の鉄道雪景色(3)


▲町屋駅のホームも真っ白!

会社の帰り、大幅に寄り道して帰宅します。町屋駅で都電から乗り換え、ホームに上がってみると、そこは屋根が体をなさない強い横風で吹き付ける雪の世界。しかもプラットホームの端は屋根すらないので、これはまともな写真は撮れませんね。

とりあえず通過列車が遅れているとのことで、ホームの待合室でじっと待ちます。

sRIMG15816.jpg
▲遅れていたスカイライナー上野行きが通過!

sRIMG15817.jpg
▲下りは京成本線経由、特急成田空港行き。3700形の後期ですね!

そろそろ寒さ限界といったところで普通列車到着のアナウンス。

sRIMG15819.jpg
▲3000型3016F。3000形もお気に入りの電車です。

こうして無事に日暮里に帰ったわけですが・・・

日暮里・舎人ライナーは運休となったようで、並行する都バス乗り場には長蛇の列が。ゆりかもめと並んで新交通システムは雪に弱いですからね・・・

大雪の都心鉄道風景はこれにて完結!

#明日は一眼レフをもって出かける気力があるかどうか!?

都心の鉄道雪景色(2)


▲大塚への長い坂をそろりそろりと降りてくる、東京都電新7000形。7003号はオリジナル塗装でした。

お仕事の帰り、大塚駅で途中下車。お次に乗るのは都電荒川線。まずは大塚周辺で撮影。

sRIMG15781.jpg
▲後ろを振り返るとちょうど7016号と離合。

こんな雪でもちゃんと走っているようですね。町屋まで乗りましょう。さすがに比較的空いているようでした。

sRIMG15784.jpg
▲いつも見る景色が、まるで北国のように。

隣に座っていた地元のお爺さんとお話しながら、しばしガタンゴトン揺られ。吊り掛け電車のサウンドも良いものです。

sRIMG15788.jpg
▲お爺さんは飛鳥山公園で降りてゆきました。

sRIMG15790.jpg
▲いよいよ併用軌道区間。

無事に通過してくれ!と祈りながら。

sRIMG15795.jpg
▲飛鳥山公園と音無川の間の急坂を、難なくクリア。

要らぬ心配だったか。

その後、王子で時間調整したものの、荒川車庫、熊の前と順調に進み、あっと言う間に町屋到着。

sRIMG15800.jpg
▲電停であろうと容赦なく吹き付ける雪、反対側には新型8800形が。

実は一度も乗ったことが無い、かも??

sRIMG15801.jpg
▲東京都電8800形、行先表示の上に雪が付着してしまって見えませんネ。

この時点でかなり手がかじかんでます。風は強いし、気温もずっとマイナスでしたしね。もう京成線に乗り換えようと思ったらこんなん来ました!

sRIMG15803.jpg
▲東京都電9000形。(後日修正。何をぼけてるんだが・・・)ああ、これも一度乗ってみたいのですが。

sRIMG15805.jpg
▲一応全体がすっきり見えるホーム反対側にて。

車体のデザインはこのままで、ダブルルーフに見立てた屋根のカバーだけ外せばカッコ良いのになと思います。どうしてもこのカバーが大きすぎて筆者にはアンバランスと感じるのです。欲を云えば、素の屋根はもう少し深く丸みを帯びていると良いのかもしれません。

sRIMG15810.jpg
▲今度は新7000形7002号車。先ほど乗った7003号車の続き番ですね。

こうして見ると新7000形のデザインも悪くなかったなと思います。いよいよ最後の釣り掛け電車。長く頑張ってもらいたいものです。

すっかり冷え切ってしまいましたので、京成電車に乗り換えましょう。

(つづく)

都心の鉄道雪景色


▲不要不急の外出を避けるように、とは言われても。

お昼過ぎまでお仕事があり。鞄にはしっかりとGRIVを忍ばせておりましたので、ちょっと寄り道して珍しい都心の鉄道雪風景を撮りながら帰ってきました。

sRIMG15770.jpg
▲まずは山手線。

さすが山手線、ほとんど乱れず、次々に電車が来ておりました。E231系も雪の中ではカッコよく見える!?それにしても風が強くホームまで雪が舞い込んでました。

山手線外回りに乗るも、ちょっと気になって、屋根下でも吹雪いてる大久保駅で途中下車。

sRIMG15773.jpg
▲山手貨物線で、埼京線E233系と東京高速鉄道70-000形の離合。

sRIMG15774.jpg
▲湘南新宿ラインのE231系。

sRIMG15777.jpg
▲西武鉄道新2000系、かな?鮮やかな黄色が雪に映えますね!

sRIMG15779.jpg
▲再び埼京線のE233系。後追い。

E233系、好きです。何と云うか洗練されていますね。209系に始まったステンレスカーの完成形という感じがします。埼京線、横浜線で終わると聞きますが、次はどんな通勤形電車になるのでしょうね。そういえば、南武線や武蔵野線はまたもや205系で置き去りですか。最後まで101系や103系が活躍した伝統?を受け継いでいるのですね。。。

さて、雪まみれになって再び山手線に乗り、今度は大塚で降りることにしました。

やっぱ、アレに乗りたいですからね!!

(つづく)
プロフィール

ウラタニハ

Author:ウラタニハ
はにたらうの”ウラニハ”へようこそ!1970年代~80年代に活躍した鉄道が忘れられず模型の世界にどっぷりとハマっています。たまに実物も。更新頻度は高くないかもしれませんが、とりあえず出発進行!

カテゴリ
カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR