別所線別所駅


▲別所駅には上田交通の丸窓電車5252が保存されています。(2013/10/14)

先週の三連休、信州に旅行中、別所温泉に立ち寄りましたので、初めて別所駅に立ち寄ってみました。(車での旅行なので電車には乗っていません。あしからず・・・)

sDSC_1815.jpg
▲今の主役は元東急ステンレスカー。日比谷線に乗り入れていた1000系です。

都会で活躍していたバリバリの通勤電車も、今や田舎ののんびりとした風景の中で幸せそうに働いています。車体も美しく保たれているのが好印象でした。

sDSC_1817.jpg
▲セイタカアワダチソウ(別名麒麟草)の映える田園風景の中を、上田に向けて発車していきました。

それを見送る丸窓電車、という構図を撮りたかったのですが間に合わず。

sDSC_1810.jpg
▲昭和初期の端正なお顔でございますこと。

こういう電車に揺られて旅したいものです。

2013年10月カツミ運転会


▲今回も行ってきましたカツミさんの運転会。(2013/10/5目黒区民センター)

毎度運転の機会をいただき有難や、のカツミさん運転会です。雨がそぼ降る目黒区民センターに出かけてきました。近鉄一筋の友人K氏と落ち合い、まずは1回目登録。(K氏は一足早く15分前の4番線を。ちょうど隣を通過している近鉄特急です)

1回目の運転。こちらの編成はまたもやキハ!エンドウのキハシリーズです。

キハユニ26(一般色)+キハ20-200(一般色M)+キハ20-0(一般色バス窓M)+キハ55(急行色雨樋帯ナシ、シールドビームM)

の4両編成としました。モータ車が3両ですので、非常に安定した走行ですね!前にも首都圏色のキハ20系をご紹介しておりますが、こちらはキャノンコアレスモータLN14となった、今のところの最新製品です。

mIMG_1632.jpg
▲反対側にはアクセントとしてキハ55の晩年の姿を。

キハ55系の晩年はこのように雨樋の赤帯が消されて、ヘッドライトもシールドビームになってましたね。ローカル列車にキハ55が連結されていると何だか得したような気持ちになったかも知れません。(筆者はキハ20一般色には乗車したことがありますが、キハ55への乗車経験はありません)

今となってはレトロなこれら旧塗装の気動車たち、最新型の電車が行き交う運転会にあって場違いな?空気を醸し出しておりました。ま、良いのです。こちらはのんびりゆったりと走らせましょう。

ちなみに、エンドウさんのホームページでは、来年早々にLN15となったキハ20系のリニューアルモデルが発表されております。キハ20好きの筆者といたしましては、若干の増備を考えております。(キハ40系の噂もあったのですが、どうなったのでしょうか、エンドウさん)

さて、2回目の運転をする機会が巡ってきました。

mIMG_1639.jpg
▲ムサシノモデルDD13後期型の後期、250号機が牽引する穀物ホッパー車。

DD13というと入換機のイメージが強いですが、臨海鉄道や地方私鉄では主力機関車として活躍しています。もちろんウラニハ機関区でも非電化線の主力機関車として貨物輸送にあたっています!貨車はKATOのホキ2200ですが、こうやって連なっているとカッコイイですよね!?ワム80000とヨ8000をアクセントに付けてみました。

mIMG_1647.jpg
▲上空から。色んな人の模型と一期一会の出会いがあるから良いのですよね!カツミさんに感謝です。

この日の運転会では貨物列車のエントリーが少なく、貴重な存在だったのではないでしょうか。ムサシノモデルの得意とするスロー走行を活かして、飛ぶように走る他の列車には目もくれず、一人のんびりと周回しておりました。

ここで友人Kの近鉄特急を勝手にご紹介しましょう。

mIMG_1622.jpg
▲最新のエースカー4コテと2コテの間にスナックカー更新車2コテを挟んだ8両編成。

近鉄特急の凹凸編成もなかなかオツですね!横のどなたかの京成スカイライナー!カッコイイ!!思わずそっちにピントいっちゃってます。

mIMG_1644.jpg
▲渋い!スナックカー2コテ×3連の6両編成!

この編成はM車が実物どおり3両ありますからとてもパワフルな走りです。(K氏談)スナックカー12200系も実物のほうはそろそろ終焉の時期を迎えているようです。長い間お疲れ様でしたね。

さてさて、この日はさらに3回目の運転の機会もありました。筆者、3回は想定していなかったので予備車として持って行ったキハ55を走らせます。

mIMG_1659.jpg
▲キハ55(バス窓急行色M)を先ほどのキハ55晩年とキハユニ26に連結。

気動車はこのあたり臨機応変に対応できるから良いですね。このキハ55バス窓は、雨樋の赤帯も保存され、古いながらもウラニハ機関区で大事にされている車両という想定です。

キハ55系はマスクがキハ20系に似ているということもあり(てかこっちのほうが先か・・・)筆者の好みでもあります。今後もキハ20系とともに増えてゆくことが予想されます(^^ゞ

ちなみにお隣はK氏のアーバンライナー。昔KATOから出ていた製品ですが造形が素晴らしく良いです。動力は評判の悪いKATOのトラクションモータを捨てて、K氏の不断の努力によりエンドウのMPギアに換装されています。それゆえ、走りはすこぶる調子良いです。

こんな感じで目黒の運転会が終わりました。
何度も言いますがカツミ模型店さんには感謝感謝でございます。
私好みの製品を出してくれたならば速攻で感謝を行動で示しますので、よろしくお願いします。阪急3300とか(ボソ)

エンドウの郵便荷物電車の世界


▲探しものでござい~(2005年11月エンドウの運転会会場にて)

久しぶりの模型ネタ。もうずっと探し続けている電車なんですが、すっかり店頭から無くなってしまいましたね。エンドウのクモニ83 800番台(湘南色)。中央線用の独特の低い張り上げ屋根が魅力です。

当時は調達資金も無く指をくわえて見ているだけでしたが、いざ手に入るようになるともう見かけない。そんなことの連続でした。どこかにひっそりと在庫ああったりしないかな~

sImg1686.jpg
▲DT13が良いですナ~!優先は湘南色なんですが、スカ色もOK。

中央線の荷電が廃止になり800番台のクモニが上越に転属になったころ、そんな編成を考えています。もちろん、800番台のお相手をする、その他の仲間たちは調達済みなんです。

sRIMG13105.jpg
▲ずらーり。エンドウの郵便荷物電車たち。

クモニ143M、クモユ141M、クモニ83 0番台M、クモニ83 0番台T・・・インレタやワイパー、デフロスタなど、パーツ類の取り付けはこれから。要は買ってからまだ手を付けていない状態なのです。

一つ悩みと云えば・・・このエンドウの密着連結器、一度連結すると外すのが容易でないのがネック。もう少し気軽に脱着できれば良いのにな。

sRIMG13120.jpg
▲と云う訳で?運転会への持ち込みはまだまだ先のことになりそうです。

また進展がありましたらご報告しますネ。
プロフィール

ウラタニハ

Author:ウラタニハ
はにたらうの”ウラニハ”へようこそ!1970年代~80年代に活躍した鉄道が忘れられず模型の世界にどっぷりとハマっています。たまに実物も。更新頻度は高くないかもしれませんが、とりあえず出発進行!

カテゴリ
カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR