スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フクシマのキハ06

「フクシマ」と云えば、メイドインNERIMA、「丁寧な組み立てと塗装」を売り物に、少し高いが高品質の模型を提供してきた模型屋さんでしたね。筆者も何度もホームページを見てはため息をついていた一人ですが、特にキハ04、06、07シリーズは魅力的で、そこそこ高かったもんですから買おうか買うまいか迷っているうちに、フクシマは廃業、在庫も見る見る間に無くなってしまったのでした。

東京では探しても見かけなくなった模型を、出張先でうまく時間を作って立ち寄った模型店で偶然見つける!そんなエキサイティングなことが続いています。古くはムサシノモデルのDD13や、最近ではエンドウの西武E851。そして今回はフクシマのキハ06を捕獲いたしました。ああ、クレジットカードの支払が・・・

20151026001751b00.jpeg
▲出張先のホテルにて至福のひと時です。

とある模型店で試走したところ、フクシマFMギアはMPほどスムーズではありませんが、そこそこ良く走るようです。ヘッド/テールライトは点灯しませんし、インテリアもありませんが、佇んでいるだけで(私にとっては)オーラを感じる存在感のある模型です。

s12-10-22_003.jpg
▲素直に嬉しい出会いでした。

模型はキハ06 3となっています。替えのインレタも入っておりますが当面はこのままで。ウラニハ気動車群では一番両数が多いのがキハ20系列ですが、キハ06と比べれば最新型の気動車に見えます。キハ20のローカル線でとある地方駅にたどり着いたとき、0番線ホームにひっそりとたたずんでいる地元私鉄といった塩梅の役割にしましょうか!?

色々と妄想が膨らみます。というわけでニュース速報でございました。
スポンサーサイト

秩父鉄道ヲキ100

今回は久しぶりに念願のワールド工芸のヲキを入手できましたのでご紹介いたします。


▲おなじみ秩父鉄道ヲキでございます。

秩父鉄道の鉱石輸送シーンに欠かせないヲキ、ヲキフですが、さすがに特殊な貨車だけあってリーズナブルなプラスティック製品はありません。ワールド工芸から真鍮製のキットおよび値の張る完成品が出ておりましたが、筆者に真鍮工作なぞ望めるべくもなく、さりとて完成品となるとさすがにいっぺんには手が出せませんでした。

案の定、前回の再生産品を何とかヲキフ2両を含む8両まで入手したところで、市場から消えてしまい、実物の1ユニットである10両編成を諦めていたのです。(実物はこれが2ユニットで20両編成なんですが、さすがに模型では厳しいですネ。)

今回ひょんなことから大量に在庫しているお店を見つけて(いつも通販でお世話になっているお店でしたが)4両ほど取り寄せました。これで夢の!?10両編成の鉱石列車が組成できます。

sRIMG12281.jpg
▲キター!

sRIMG12284.jpg
▲もちろん、リベットと溶接と2タイプ混ぜております。こちらはリベットタイプ。

sRIMG12285.jpg
▲そしてこちらは溶接の後期型です。

全体的にディティールが省略された簡素な作りですが、組み方は丁寧で塗装も良いです。これからインレタ地獄となりますが、前回8両を一気にやってインレタ職人になっておりますので、これぐらいはすぐ(^^ゞ

sRIMG7362.jpg
▲前回の8両。しんどかったなー。でも、その甲斐あっていい感じです。

インレタの位置などは自分で秩父鉄道を訪れた時に撮っておいた写真や雑誌を参考にします。でも実物って意外に位置がばらばらだったり歪んでいたりとテキトウなんすよ。連結器はKadeeカプラー#8を別途購入のうえ取り付けです。

sRIMG11399.jpg
▲ちなみにうちのバイブルはこれです。とれいん2008年10月号「秩父鉄道」特集。色々と参考になる記事が満載です。

我が家の秩父鉄道の電機機関車は、いずれも夢屋のもの。

sRIMG11427.jpg
▲夢屋の特製完成品、デキ201(青色最後の時代)とデキ503です。MPギアでスローからとても良い走りをします。

ヲキのインレタ張りと連結器取りつけについては次回、デキについてはいずれの機会にか紹介したいと思います。

(つづく)



プロフィール

ウラタニハ

Author:ウラタニハ
はにたらうの”ウラニハ”へようこそ!1970年代~80年代に活躍した鉄道が忘れられず模型の世界にどっぷりとハマっています。たまに実物も。更新頻度は高くないかもしれませんが、とりあえず出発進行!

カテゴリ
カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。