スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラダニーバ


▲我が家に新車登場です。ドイツはブレキナ製のミニカーです。

西武が続きましたので、少しコーヒーブレイク!16番、という趣旨に若干それてしまいますが、1/87所謂HOゲージのミニカーを取り上げます。

我が家のドアを出て5分もかからない場所に、ミニカー専門店「池田屋」があります。筆者にとって誘惑のお店なので、いつも財布のひもを固く閉ざして、見るだけ、見るだけと念じながら出かけるのですが・・・ついつい買ってしまうものもあるのですよね。

石橋をたたいて渡らないほどの堅い意志を崩すぐらいですから、筆者にとっては相当思い入れのある車種が見つかったときだけとなります。何回も見て、見るだけにしようと帰ってきて、それでも何度か通っているうちに、やっぱりこいつは欲しい!というのが年に1,2回はあるのです。

sRIMG11984.jpg
▲というわけでやってきたのが、ソ連が誇る四輪駆動車、ラダニーバです。

池田屋さんの1/87輸入ミニカーコーナーでは新製品をいつもチェックしているのですが、既存製品がずらりと積まれた中からお気に入りの車種を探すのも好きです。中でも好きなのがブレキナのミニカーです。渋い車種選択、全体的な印象把握、造形がとても良いのです。

ブレキナのラダニーバは、これまで消防車両や警察車両等は目立つ場所にあったのですが、素の状態のものは中々見つけられませんでした。今回何気にオペルの赤い車の中に一台だけ雰囲気の異なるのがあり、アレ?と老眼の目を凝らしてみたところ、ラダニーバ(赤)を発見しまして、無事捕獲した次第です。(ちなみに池田屋通販では売り切れでした)

早速箱から出してみましょう。

sRIMG11986.jpg
▲これぞソ連!という感じの古い車体。1960年代のフィアットの血が混ざっているそうです。

sRIMG11990.jpg
▲ハッチバックのリアゲート。旧型パンダに通じるものがありますね。

sRIMG11996.jpg
▲正面から。丸いヘッドライトの上にちょこんとウインカー。実用一点張りの中に美しさを感じます。

筆者が何故この古めかしい車に肩入れしているか、と申しますと・・・1980年代後半、まだ筆者が免許を取ったばかりのころ、4WDブームというのがありまして、クロスカントリータイプの4WD車がメジャーになりつつある時代だったのです。筆者は買えもしないのに雑誌を読みあさり、国内ですと三菱ジープJ53、ランドクルーザー70型(特にミドルホイールベースを持つ73型は好きだったなー)やJA71キャンバストップのジムニーなどにあこがれたのでした。

そんな中、1990年4×4マガジン別冊を読んでいたときに海外にエスクードクラスの高性能四輪駆動車があると紹介されていたのが、この車なのです。

sRIMG11997.jpg
▲「多くを語れるクロウト好みのロシアン4×4」と紹介されてました。

sRIMG12001.jpg
▲ボンネットは前方にガバッと開きます。その中にはスペアタイヤが!

sRIMG12002.jpg
▲当時としても古めかしいインテリア。もちろんエアコンは後付けの如何にも効きが悪そうなタイプです。

sRIMG12007.jpg
▲この記事に激しく賛同!!

当時はランクル80やハイラックス、パジェロなど、クロスカントリータイプの四輪駆動車が、若干ゴージャス化、軟弱化していた時代でした。そんな中知ってしまったラダ、筆者としてはこの地味でスパルタンな4WDにググッと心を奪われてしまったのでした。

そんなラダニーバですが、あれから四半世紀、実はまだ新車で買うことができるのです!

lada_niva.jpg
輸入業者さんのページより、2012年モデルのラダニーバ!ABS装備、EUの排出ガス基準を満たしながらも、形は一切変わらず!!生きた化石ですね!

実際は燃費とか、エアコンとか大変なのかもしれませんが、生活に余裕があったら乗ってみたいものですね!筆者の場合はとりあえず模型で満たしておくことにしますが・・・

sRIMG11995.jpg
▲さて、どこかに出かけてみましょうか!?

ではでは!

スポンサーサイト

西武鉄道101系初期型(6)

いつまで引っ張るんだと、お嘆きの諸兄、今回で西武旧101系は終了ですm(__)m
ご安心ください(^^ゞ


▲7月某日、KTMさん運転会持ち込み前夜にグリスアップ、試運転を行います。

16番車両の場合、台車の軸受けへのグリスアップは欠かせません。運転会でキーキー良いながら走っているようじゃみっともないってモンですよ。筆者の場合はタミヤのセラミックグリスを少量塗布しています。細かいところへの塗布は注射器をつかって行います。

sRIMG11671.jpg
▲LEDライトに室内が照らしだされて思った通りの効果が!(デジカメの都合で青く写ってます)

でも走らせ見ると、ライトがちらついたりします。車輪を清掃したり、台車のセンターピンを調整したりして、なるべくちらつきを抑えます。本当は編成全体の引き通し線があれば、集電も安定するのでしょうけれど。

sRIMG11674.jpg
▲模型編成のモータ車はこのモハ101。EN22にMPギアでスムーズな走行を楽しめます。

sRIMG11675.jpg
▲最後まで室内灯がちらついたモハ102。中間車でかつ重量が足らないことも原因の一つだと思うのですが。

sRIMG11678.jpg
▲こういう細かいデカールが雰囲気を作りますね!!

sRIMG11684.jpg
▲何とか調整して満足のゆく走りとなりました。この時点で気がつくと3時!大変だぁ、明日は大丈夫か!?

そんなわけで翌日・・・

無事にKTMさんの運転会で走らせることができました。

wRIMG11709.jpg

wRIMG11717.jpg

参加者の見知らぬ男性におほめの言葉を頂いたり・・・ほぼ自己満足の世界ですが、こういう交流の場を与えてくれるKTMさんに感謝でございます。
(この後、寝不足のため体調不良となり撤収したって話は内緒)

さて、当社の西武鉄道、今後いくつか増備の予定でございます。
またの機会に紹介させていただきたいと思います!
長文ご愛読ありがとうございました。

西武鉄道101系初期型(5)

7月某日、デカールと格闘、付属のワイパーと格闘の末ぐにゃりと曲げてしまい、新たに調達したU-Trainのワイパーを装着、都内某店でようやく見つけたモリヤスタジオの旧101用方向幕を張り付け、見た目には完成!!


▲バイクで20分、エコーモデルで調達したU-trainのワイパー、しっかりしていてとても良い塩梅でした。

モリヤの行先方向幕は、ただ単に紙に印字されているだけですので、枠に沿って切り取り、裏に木工用ボンドを薄く塗って張り付けてあります。ただ、このとき方向幕の白地台座下辺がぐらーっと車体側に押し込まれてしまい、手前に引き出すことができません!!エライ難儀しました。

結局1両は床板分解のうえ、方向幕の遮光パーツを外して裏から押してみたり、2両目は分解して配線を直すのにも飽きたので、方向幕に0.3mmの穴をあけてピンバイスのドリルで何とか引っ張りだしました。

sRIMG11433.jpg
▲中間車には淡々とレタリング。エンドウの説明書に記載の通りに貼り付けました。やっぱりシートのオレンジがいい塩梅ですね!我ながら。

西武旧101系のレタリングは、登場時、全盛期、末期で随分異なるようです。ネットで写真をあさりましたが、結局どれが正解ってのが無くて、諦めて説明書通りにした次第でございます。

sRIMG11434.jpg
▲番号も何も考えずにデカールにあったやつをそのまま。

池袋・西武秩父 ← クハ1102+モハ102+モハ101+クハ1101 → 飯能
のトップナンバーの編成といたしました。実際にトップナンバーの編成がこの形状なのかは不明です。ま、模型的にOKなら良いという筆者のいい加減さをお許しください。

sRIMG11444.jpg
▲見た目は完成!!でも運転会に持ち込むにはここからが大変なんですよ。相変わらず食卓で作業。後ろのトンガラシの筒には目をつぶるように。

てなわけで、エンドウの西武旧101系ネタ、広告削除のため一端ここでUPします(^^ゞ
プロフィール

ウラタニハ

Author:ウラタニハ
はにたらうの”ウラニハ”へようこそ!1970年代~80年代に活躍した鉄道が忘れられず模型の世界にどっぷりとハマっています。たまに実物も。更新頻度は高くないかもしれませんが、とりあえず出発進行!

カテゴリ
カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。