スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOMIXのEF81国鉄常磐線仕様(PSモデル)

IMG_9971.jpg
▲今更ですが、TOMIXのEF81国鉄常磐線仕様(PSモデル)を導入してみました。

機関車はブラス製を、と頑なに守ってきた自己規制をあっさりと破り、TOMIXのプラスチック製機関車を導入してみました。ブラス製ですと天賞堂のものがあるんですけどね・・・おいそれと購入できるお値段では有りませぬ。


▲PSモデルなので取り付ける部品は最小限に抑えられています。

でも、ですよPSモデルですから、パンタや手すり類は金属製。通常の製品は碍子が緑の日本海縦貫線を想定しているのに対して、碍子が白い田端機関区新製配置グループです。

IMG_9967.jpg
▲田端の機関車のマストアイテム?常磐線無線アンテナ付きです。

というわけで、ナンバープレートを貼り付けます。
あらかじめ用意された87号機(三菱)、94号機(日立)の金属製プレートはともに、1978年に田端に配置された2次型ですので、そのまま利用することにしましょう。
ちなみにのっぺらぼうのプレートに、付属のメタルインレタを貼り付けることで好きな番号を設定できますが、そこは筆者、楽なほうに流されます(笑)

IMG_9937.jpg
▲金属製プレートは丁寧に切り離し、バリなどはカッターで削り落としておきます。

ごく少量のゴム系接着剤を塗り付け、いざ!

IMG_9938.jpg
▲EF81 94号機(日立)とするつもりでした。

正面用のプレートは、中央に凹線が入っており、車体に合わせて折り曲がきく親切設計です。が、これが災いとなりました。
アホなことに反対側のプレートを色々いじくって調整しているうちに真ん中でポッキリと折れてしまいましてorz

IMG_9946.jpg
▲仕切り直し!!

失敗は許されないEF81 87号機(三菱)を緊張しながら貼り付ける羽目になりました。
ああ、こういう部品取り付けってホント苦手ですなぁ。

IMG_9947.jpg
▲うん。良いんじゃないでしょうか。

サイドも同じように。
高さなどは解説図を読んだ後、実車の写真なども参考に。

IMG_9952.jpg
▲こちらは平面ですので車体を寝かせることで簡単に施工できました。

IMG_9953.jpg
▲ナンバープレート、メーカープレートが入ると良いですね、やっぱり。

車輌が活きてくるというものです(*^。^*)

IMG_9958.jpg
▲それにしても、このローズピンクという色、良い色ですね。

国鉄時代は415系とともに、何となく常磐線のさえない色といったイメージでしたが、今見ると何とも良い色に感じるから不思議です。TOMIXさん、403系、415系も出さないかなぁ。

竣工記念に。

IMG_9959.jpg
▲2エンド側の手すりが微妙に曲がっているのが残念です。

PSモデルとして高めの値段設定な訳ですから、もう少し品質管理に気を配って欲しいものですが、それなら自分で真鍮線を折り曲げて作ればよい訳ですからね。これでも、手で壊れない程度にぐっと力を入れて抑え込んでみたら、箱から出した時よりは少し治ったような気がしてます(^^ゞ
量産品でここまできれいにできる訳ですから、そこはぐっと飲みこもう。(プラスティックモデルを選択するということは、そう云う事なんだと。)

IMG_9965.jpg
▲1エンド側はまともです。

IMG_9970.jpg
▲先日の客車と並べてみました。

配置当初は常磐線はEF80の牙城で、EF81は隅田川-福島の貨物列車専任だったようですが、EF80廃車とともに次第に勢力を伸ばしたようです。ごらんの荷物列車の牽引は無かったと思いますが、常磐線や水戸線の晩年の旧型客車列車ぐらいは牽引させても良いのかもしれませんね。

当線では、上野口の万能機として活躍してもらいましょう。
スポンサーサイト

エンドウのEF81(5,6次型ひさし付き)


▲ヤフオクでこんなものに手を出しました。(左は以前ご紹介したTOMIX PSのEF81)

エンドウ1999年製、EF81(5,6次型)耐寒型ひさし付きです。
当時欲しくても手が出せなかったものが、たまにヤフオクで新品や「買って走らせずに保管してました」なんて云うのが出てくるとついつい注目してしまいます。

実はTOMIXのPSモデルを購入したときも、エンドウのEF81で状態が良さそうなの出ないかな~!!とひそかに期待していたのですが、あの時は結局出なかったのです。で、今回良さ気な状態のものが出品されましたので即入札、値段はそこそこ良かったので他に手を出す人もいなく落札となりました。

IMG_0552.jpg
▲何とフクシマのPS22に換装済み!

このモデル以下の説明がありました。
・テスト走行程度で外観もキズ、汚れ等不具合はなし
・パンタグラフはフクシマ製品へ交換済、ライト、走行共問題なし
・元箱、取説あり、付属品未使用
送料込みで当時の定価でしたが、実際到着した機関車も「以下の点を除いて」問題有りませんでしたので、十分納得のゆくものでした。

では、問題点とは・・・

パンタを交換した際と思われますが、屋上の高圧配線があらぬ方向に曲げられ、パンタの碍子に接続されていたのです。
最初は高圧線を曲げて修正しようと思いましたが、元々の銅線も腐食が進み黒ずんでいましたので、新たに張りなおすことにしました。

IMG_0539.jpg
▲こちらもいきなり完成!作業前や作業中の写真は無し。

道具箱に手持ちの0.5mm真鍮線がありましたので、あれこれ捻じ曲げてみて試作、3本目でようやく納得できるものができましたので装着しておきました。

IMG_0545.jpg
▲この部分の立体的な捻じ曲げがこだわりの部分です。

高圧線の作成には、TOMIXのEF81をはじめネット上の写真や、鉄道ピクトリアル誌のEF81特集号にあった全検の様子を写した写真、車両設計図などが役に立ちました。TOMIXよりも実物に近いものが出来たと自負しています。
#銅線ではなく真鍮線なのでやや黄色っぽいですが、まぁそれはそれで( ˘ω˘ )

IMG_0549.jpg
▲3-4次型と5-6次型の並び!実際には田端の機関車と羽越線の機関車が並ぶことは無かったか??

そんなわけで、ひさし付きの最終増備型、最北端のEF81が仲間に加わりました。
こうしてみると、TOMIXにはTOMIXの、エンドウにはエンドウの良さがありますね。並べてみても、大きさはほぼ同じで全く違和感がありません。
これで、機関車的には東北本線、奥羽本線のみならず、上越、羽越本線経由でも青森をめざすことが出来るようになりましたね!

IMG_0541.jpg
▲ナンバーは付属していた150号機(三菱)にする予定です。

あ、ナンバープレート貼り付ける時間が無くなってしまいました。
完成しましたら、改めて写真撮ります!!

エンドウのEF81(5,6次型ひさし付き) 整備完了


▲エンドウのEF81(6次型)、少し苦労しましたが、ようやく整備完了しました。

番号は付属パーツの中から。予定通り、150号機(三菱)としました。TOMIXのEF81と云い、先日のEF10と云い三菱製が連続していますが、意図しているわけではありません(^^ゞ

IMG_0609.jpg
▲昭和54年製150号機です。

筆者にとっては、昭和54年何て云うと最新鋭の電気機関車というイメージです。国鉄の最後の頃、EF64 1000番台や、ED78の最終増備とともに、当時の標準的な技術で製造されたものですね。

EF81は、とりわけ交流区間では、ED78に至る交流電圧制御の技術が確立していたにも関わらず、わざわざ清流して、屋上に重い抵抗器を積んでまで抵抗制御したうえで直流モータを回すなど、やや時代に逆行した機関車でした。
しかしながら、交直流機関車として現場では便利に使えるということで、ED78亡き現代まで走り続けているところを見ると、世の中、必ずしも「技術的な理屈」だけが正しいのではないのだなと、技術者の端くれである筆者は実感するわけです。

IMG_0615.jpg
▲一位側には検査表記や重量表記などが集中しています。

実は・・・インレタの粘着力が完全に逝ってしまってまして、お盆休み前にエコーモデルに駆け込み、くろま屋製の、これまた奇特な「EF81用インレタセット」なる都合の良いインレタを購入してまいりまして、帰京後に作業を再開したのでした。

くろま屋4119 EF81用標記(秋田・金沢・松任・土崎・小倉)
検査標記の秋田総合車セを4種各4個、金沢総・土崎工・小倉工を各3種各4個、松任工を2種各3個収録。
区名文字の酒田・敦二・富二・富山・敦・長岡・田を各5個収録。
ATS標記のP・Psホ・PPsを各16個、Ps・PS・ホ・SF・PF・Sを各8個収録。その他細部の標記を収録。

素晴らしいセットですね。インレタ失敗率の高い筆者にとってはとてもありがたい会社です。くろま屋さん<(_ _)>

IMG_0643.jpg

IMG_0642.jpg

IMG_0644.jpg

それにしても、昨今、実物通りに検査表記までインレタがあるもんですから、困ったものです。20年ぐらい前なら、せいぜいエンド表記だけつけて、後は脳内で変換できたものを。何となく全てのインレタを付けないといけないような雰囲気になってしまってますね。
今回はATSマーク「S」の貼り付けに苦労しまして、ずいぶんとインレタを無駄にしてしまいましたが・・・何とか。
ああ、もうATSマークなんか見たくない!って感じでした。

IMG_0635.jpg
▲ひさしや大型スノープローの装備もあって、精かんな面構えです。

6次型の特徴であるひさし、そしてスノープローの大型化に伴って、誘導員ステップが外付けになっているのが特徴。当社機関区のEF65 500番台と同様、非貫通の正面にひさしが付くと何ともカッコよく見えるものです。(筆者の主観ですが)

何だか、常磐線のEF80も欲しくなってしまいますねぇ。(なんと!カツミの発売予定リストにEF80の文字が見えましたが(^^ゞ)

IMG_0627.jpg

IMG_0632.jpg

側面からの写真も載せておきます。あ、今回のカメラはとりあえずCANONのS110です。途中でホワイトバランスを変えたりしてますので色調が替わっていますが、悪しからず・・・

IMG_0647.jpg
▲うーん。我ながらカッコイイ( ˘ω˘ )

エンドウの電気機関車はE851に続いて2台目です。(こちらのほうが先に整備完了してしまいましたが・・・)エンドウの製品は金属製モデルの中ではプレスを多用し、割とアッサリ目の仕上げとなっています。

例えば、側面フィルタなどは別パーツなら良いのになぁと感じますが、プレス表現です。それ故、逆にナンバープレートとメーカープレートの段差がかえって目立ってしまっています。

とは云え、この時代のエンドウ製品は、全体の雰囲気をよく捉えつつ、ムサシノや天賞堂には遠く及びませんがずいぶん精密化してきたなと感じます。さらに、プラスティック製では味わえない重厚感、存在感を存分に発揮しています。そのあたりのコストパフォーマンスのバランスのとり方が絶妙なのではないでしょうか。

さぁ準備は整いました。そろそろどこかで走らせたいものです。
(下期に向けて仕事が忙しくなってくるばかりですが・・・)
プロフィール

ウラタニハ

Author:ウラタニハ
はにたらうの”ウラニハ”へようこそ!1970年代~80年代に活躍した鉄道が忘れられず模型の世界にどっぷりとハマっています。たまに実物も。更新頻度は高くないかもしれませんが、とりあえず出発進行!

カテゴリ
カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。