12年前の岡山機関区にてEF65を愛でる(2005年ごろ)


▲岡山在住の頃のTK氏宅。エムジことトヨタMR2(2世代目)にお世話になりました。

前回TK氏よりコメントをもらって12年も前のことだったかと思う今日この頃。
トヨタもMR2なんていう貴重なスポーツカーを出してました。シートの背中越しに聞こえるエンジン音。助手席からでもわかる回頭性・・・貴重な車でしたのにネ。

さてさて、今回は、恐らく片上鉄道保存会に行く前日だったと思うのですが、岡山機関区と水島臨海鉄道を訪問しましたのでその時の写真も掲載します。まずは岡山機関区から。ちろん許可を得ての入場、撮影です。

2005okayama01.jpg
▲山陽本線や伯備線で活躍する直流機関車が中心です。(許可を得て入場、撮影)

この時代、桃太郎EF510が出始めたころでしたから、これら国鉄直流機関車もこれから活躍の場が狭まってゆく斜陽の時代を迎えます。

2005okayama10ef65100.jpg
▲まず目についたのはEF65100。何と、パンタグラフがPS22ではありませんか。

一般形のEF65っていいですね!しかも全検後なのかピカピカです。PS22装備というのも面白いかもしれません。

2005okayama13ef65100.jpg
▲川崎重工×富士電機。富士電機は当時のTK氏の勤め先でもありましたなぁ。

2005okayama11ef65100.jpg
▲逆サイドから。こちらのパンタは下がってました。

2005okayama12ef65100.jpg
▲貫通扉のないお顔は鼻筋が通っていてキレイですね。

EF65 0番台の現役っぽいのはこの一機だけでした。

2005okayama14ef6585.jpg
▲こんなのとか。(EF6585)

2005okayama15ef6595.jpg
▲こんなのとか。ああ、もう草むらの中ですね。(EF6595)

奥のほうも写しておけばよかった・・・
1000番台はこんなのありました。

2005okayama16ef651010.jpg
▲広島で検査を受けるとこうなるんでしたっけ?扉の黄色いEF651010。

2005okayama17ef651119.jpg
▲ラストはEF651119.

このほか、EF64やEF641000、DE10などがおり写しておりましたが。それはまたいつの日か。

片上鉄道のキハ312


▲片上鉄道キハ312(柵原ふれあい鉱山公園にて、相変わらず写真データが出てきません)

片上鉄道保存会の展示運転開催日に柳原を訪れた時の写真です。おそらく10年以上前です。
午後からはキハ312も運転される模様です。

ちなみに、お昼は近所でお弁当を入手し、休憩室として開放されていたホハフのボックスシートで食べました。

katagami11.jpg
▲キハを見ながら旧型客車のボックスシートでいただくお弁当もむべなるかな。(当時岡山在住のTK氏)

katagami12.jpg
katagami13.jpg
▲気動車二両編成が組成されました!

詳しいことは覚えていないのですが、確か一回目の運転のときは撮影に徹し、二回目はキハ312に乗り込んだような・・・

katagami14.jpg
▲展示運転の線路は長いようで短く。

katagami15.jpg
▲ああ、でも美しい編成です。

保存会の解説によりますと、このキハ312は自社発注で1953年、宇都宮車輛製。基本設計は国鉄キハ41000形に準じており、当初は機械式のガソリンカーだったとのこと。
ええ!?戦後のこの時期でもガソリンカーとして新製されたのですね。
私のおぼろげな知識では、この時代はキハ41000の系列は盛んに日野のディーゼルエンジンに換装されたいたように記憶していますが。
後年液体変速機とディーゼルエンジンに換装されたとのことでしたが、意外や戦後もしばらくは機械式のガソリンカーが作られていたのですね。

katagami17.jpg
▲自社発注車ということで、私鉄特有の形です。

キハ41000シリーズと云えば、我がウラニハ機関区ではキハ06ですね。それに対して、正面二枚窓、張り上げ屋根などの特徴があります。
模型の世界でもキハ06とキハ07は並べて走らせたいものです。
我が家の機械式制御装置搭載のキハの場合は機関士が2名必要ですが(^^ゞ

その後、展示運転に乗車しています。

katagami18.jpg
▲室内のボックスシートの様子。車体長は短いですが、2扉間のボックスシートですので雰囲気が違いますね。

katagami19.jpg
▲運転席。

ホームページを見る限りでは今も健在のようです。
ああ、もう一度訪れたいなぁ。めったに行ける場所ではありませんが。

katagami081.jpg

懐かしい写真が出てきて、しばしのタイムスリップでした。
吉ヶ原駅併設の鉱山博物館で鉄鉱石を持ち上げた時の重さは今でもこの手に残っています。
鉄鉱石ってやっぱ、質量がありますね!

ではでは~

片上鉄道のキハ702(再修正)

katagami01.jpg
▲今回は片上鉄道のキハ702に関して。(撮影記録を紛失!何年前のことだったか!?吉ヶ原駅にて。)

前回、キハ07にまつわる話の中で、同和鉱業片上鉄道の保存会が保存するキハ702に関して、誤った推論を記載してしまったところ、車歴研究家のKさんから以下のようなご指摘をいただきましたので、改めて訂正します。

「片上のキハ702は、途中で42029と振り替えられているんですよ。
だから、車籍上ではキハ07 5を譲渡したことになっているけれど、
実車はキハ07 6(1936.3.24川崎製)なので、そう記されているのでしょう。

42014→42029に振り替えられた時期は、1951~52年に液体変速機試験に供されているので、
たぶんその頃じゃないかと思います。」

ウウム!!そんなことがあるのですね!
Kさんよりさらにわかりやすい解説がありました・・・

キハ42014(1936.3.26日車製)→あるとき実車は42029と丸ごと振り替え→キハ42504(1952.3名古屋工改造)→キハ07 5(1957.4.1改番)→1966.7.27勝浦廃車→同和鉱業片上鉄道キハ702(譲渡)
キハ42029(1936.3.24川崎製)→あるとき実車は42014と丸ごと振り替え→キハ42505(1951.10名古屋工改造)→キハ07 6(1957.4.1改番)→1966.7.16北見廃車

というわけで、車籍上はキハ07 5が譲渡されたことになっているのですが、中身は川崎製の42029が譲渡されているという理解のようです。
恐らく、柵原ふれあい鉱山公園に行って実車の製造銘板を見れば川崎車輛であることが確認できるのでしょうね。
色々勉強になりました。ありがとうございました。

そんな片上鉄道ですが、うちに写真は無いかと探しておりましたら、昔横浜のTK氏が岡山に住んでいたころに訪れた片上鉄道保存会の写真が出てきましたので、プリントをスキャンしてみました。
とても良い雰囲気ですのでいくつか掲載します。

katagami02.jpg
▲改札の先にはキハ702!

katagami03.jpg
▲展示運転というものをやっており、入場料を払って早速乗り込みます。

この当時のボックスシートは背もたれが低く、幅も狭いですが、不思議と落ち着く空間です。

katagami07.jpg
▲おばあちゃんと孫、でしょうか。

katagami05.jpg
▲ドアの内側からはこんな感じです。

katagami06.jpg
▲オリジナルのヘッドライトは撤去され、腰部に追加されていますが、ボディは原型の流線形を保っています。

katagami08.jpg
▲午前中は天気が悪かったのですが、徐々に回復してきました。

キハ41000に準ずる自社発注車であるキハ312を含め、写真がたくさん出てきましたので、次号に続くことにします。

katagami09.jpg

See you!

フクシマのキハ07 100番台(朱色塗装)

IMG_0214.jpg
▲ついに念願の入線です。

フクシマの気動車シリーズ、念願のキハ07を入手しました。
キハ06のところでも記載しましたが、キハ04、06、07と、いつもホームページや模型屋のショウウインドウを眺めてはため息をつき、見送っているうちにフクシマは廃業してしまい、二度と見ることができなくなってしまい幾星霜。

IMG_0235.jpg
▲戦後型とはいえ戦前の設計をベースにした増備車であり、戦前の優雅な時代を感じさせる前面6枚窓の流線形が特徴です。

なかなか手放す人がいないのか中古市場にもあまり出回らず、出たとしてもそこそこのお値段。
今回、ふと目についた中古品で、当時の新品価格ではありましたが、状態も良さそうなので思い切って購入してみました。

IMG_0236.jpg
▲戦後型の100番台ですので、リベットではなく溶接のすっきりした姿です。

キハ07は戦前のガソリンエンジンGMH17を搭載した当時では最大サイズ(19m)の気動車キハ42000の直系にあたります。キハ42000は戦後ディーゼルエンジンDMH17が開発されると徐々にこれに換装され、キハ42500となります。そして、最初からこのディーゼルエンジンを搭載して新規製造されたのが、このキハ42600です。
国鉄制式エンジンとなったDMH17のエピソードなど、魅力的な物語がたくさんありますが・・・それはまたいつか!
その後形式変更がなされ、戦前のキハ42500はキハ07 0番台に、戦後のキハ42600はキハ07 100番台となりました。
※かなり端折っておりますので、詳しくは文献やウィキペディアなどご参照ください!

IMG_0219.jpg
▲塗装はクリーム×朱色。100番台はヘッドライトが屋根に埋め込まれており、スマートな外見ですね!

キハ07は、フクシマからは0番台、100番台それぞれ青と朱色の全4種類(それと私鉄型もあったかな・・・?)発売されていました。第一希望は0番台の朱色だったのですが、筆者が購入可能となったときには、0番台の青しか残っていませんでした。それでも買っておけば良かったものの、迷っているうちに完売。でも探していれば出てくるものですね!全種類制覇とは云いませんが、いずれは0番台朱色なども見つけたら入線させたいものです。

IMG_0209.jpg
▲向きを変えて。

筆者、キハ07の実物はと云うと、国鉄時代には見たことも触れたこともありませんでした。初めて乗車したのが、岡山の同和鉱業片上鉄道の保存鉄道で展示運転していたキハ702。今の時代にこのディーゼルカーを動態保存している保存会にはただただ頭が下がるばかりです。

(ここに誤った情報を記載しておりましたが、読み辛くなってしまいましたので削除しました。なお、片上鉄道のキハ702については次の記事を参照ください。)

IMG_0223.jpg
▲何度見ても見飽きない、優雅な流線形!

そして、乗りはしませんでしたが、つい最近(といってもいつの間にやら10年間ですか。早いなぁ・・・)までは鉾田に行けば鹿島鉄道にてキハ601とキハ602という現役で走るキハ07系(のなれの果て)を見ることが出来ました。(写真にはたくさん撮りましたが、筆者まだフィルムカメラの頃でありまして、デジタル化していないのでご紹介できないのが残念なところです。)
この鹿島鉄道のキハ600系列は、魔改造と申しますか、正面はこの優雅な流線形をカットしてしまい普通の切妻化、ヘッドライト2灯、最後にはクーラーも装備されており、室内はロングシート化されるなど、もはやキハ07といって良いのかわからない状態でしたが・・・ちなみにキハ602のほうが中央部が垂れ下がっていなくて、まだマシだったような記憶があります。

IMG_0216.jpg
▲やっぱええなぁ~。見ているだけでウットリ。

一番原型を保っているのは、門司の九州鉄道記念館で見たキハ07 41でしょうか。この時は感動しましたね。ただ、今更ながらに気づいたんですが、残っているのは0番台ばかりですね。この模型のプロトタイプなる100番台はもはやどこにも無いというわけなのですね。

IMG_0201.jpg
▲筆者にとってはキハ06とともにお宝です。

模型ですが中古品ということで雨樋の一部に0.5mm程度の塗装ハゲがありますので、このあたりはレタッチを予定しています。また走行状態は確認しておりませんので、その辺りも試しながら調整したいと思います。
#フクシマのFMギヤは単純な構造なのであまり心配してませんが。

IMG_0239.jpg

キハ06との並びはまたの機会に!!

天賞堂のEF5861(天賞堂模型部60周年ごろの製品、昭和54年愛知植樹祭お召仕様)


▲昨年念願の入線を果たした天賞堂のEF5861。今年の年賀状用に国旗掲揚した写真です。

しょっぱなに述べてしまうと、この機関車、実は嫁サマからのプレゼントなんです。
昨年、嫁サマが長く務めた職場を退職し転職したことをきっかけに、結婚20周年も重なったものですから何かプレゼントしたいとの申し出を受けました。これまでもそれぞれの記念日にプレゼントしたりされたりはあったのですが、今回は特別ということで外国製腕時計などが候補に挙がったものですから、だったら、その半分以下で購入できるこちらのほうが100倍嬉しいと申したところ、入線が実現したのがこの機関車です。

sDSC_5046.jpg

sDSC_5056.jpg

まさに模型界の芸術品、宝石の様です。天賞堂のこの製品、2009年に模型部60周年を記念して発売された60号機の後に発売されたもので、そのときが翌年の61周年だったかどうかは覚えていません。
ちなみに、その前に発売されたのは2000年ごろですから、だいたい10年に一度は模型化されるようですね。

購入が決まったころには天賞堂本店からも在庫が消えた直後で市場にほとんど在庫がなく、かなり焦りましたが、ようやく関西の某模型店にて在庫を発見、通信販売で取り寄せたのでした。

DSC_5081.jpg

昭和54年、つまり1979年ごろのロクイチは、前面手すりがため色に塗られていること、また助手席側ワイパーが原型であることが特徴です。運転席側の水切りがくいっと曲がっているのは周知ですね。
一応、ネット上を検索したところ、1980年7月ごろの写真までこの姿であることが確認できております。

その後の検査入場では前面手すりが再びメッキ塗装されたり、ワイパーが両側ダブルアームのものに交換されたり、なんとモータがEF15のものに換装されたりと、そんな知られざる歴史があるわけで、日立製作所製のモータを備えた最晩年がこの姿であるとも云えるのではないでしょうか。

sDSC_5026.jpg


さてさて、嫁サマも長年の筆者の教育の甲斐あって?鉄道にかなり詳しくなってしまいましたが、もちろんロクイチが特別な機関車である事を知っています。
ロクイチへの憧れは多くの鉄道ファンの共有するところだとは思いますが、今から15年前、職場の交通新聞で得た情報をもとに、嫁サマが、ロクイチ牽引の日光線のツアーに申し込んでくれたことがあります。(行き先不明のミステリー列車だったかな?)自分ひとりだったらツアーに申し込まなかっただろうナと思うと、昔から嫁サマに牽引してもらってたんだなぁと感謝することしきり。

DSCF0031.jpg
▲2002年12月14日日光にて。

品川駅何周年かの記念列車だったと思います。真冬ですが当時ロクイチのSGは使用中止してましたので、暖房無です!車内ではブランケットが配布されました。

DSCF0024.jpg
▲ロクイチ後年の姿ですが、オーラが違いますね。美しい。

DSCF0043.jpg
▲スハフ32の貫通ドアから見るロクイチ。なんて幸せなんでしょう。

img9187.jpg

いずれにせよ、本物以上に我が機関区でも特別な機関車であることに間違いはありません。
末永く大切にしていきます。

(後日談)
この記事、昭和の日に合わせたかったのですが、4/29のゴールデンウィーク休みに入ったところで(正確に云うと前の晩から)緊張が取れたのか、高熱を発症。せっかくの休みを病床に過ごしたため、ブログどころではありませんでした。
このところ仕事で無理しすぎてしまい、睡眠時間が4~5時間だったのが影響したのかもしれません。
結局熱はしぶとく今日まで続き、前半の旅行をキャンセルして、家に閉じこもって暇になってしまったものですから大量アップしている次第です。
それにしても体が本調子ではなく、当たり前ですが若いころに比べて回復の遅さを実感しているところです。
プロフィール

ウラタニハ

Author:ウラタニハ
はにたらうの”ウラニハ”へようこそ!1970年代~80年代に活躍した鉄道が忘れられず模型の世界にどっぷりとハマっています。たまに実物も。更新頻度は高くないかもしれませんが、とりあえず出発進行!

カテゴリ
カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR