FC2ブログ

小坂鉄道濃硫酸倶楽部ギャラリー



少し明るいところで撮り直しましたので、昨日の続きということで・・・by CANON Power Shot S110

sIMG_1363_838.jpg

sIMG_1366_840.jpg

このカメラ、購入してから随分経ちますけれど、ブログ用に模型を撮影するには十分ですね。
重宝しています。

sIMG_1369_841.jpg

今年ラストに素敵な車両を編入できました。

DOWAの銀コタキ29300、入線しました!


▲小坂精練での濃硫酸輸送が盛んな頃を思い出します。濃硫酸タンク車、ちょっとずつ増えています!

以前ヤフオクで入札し忘れて買い逃してしまっていた念願の濃硫酸専用タンク車、同和鉱業コタキ29300が巡り巡って入線しました!
筆者で3人目の所有者ですが、元はスクラッチビルドでタンク車を製作されている方のものとお見受けします。
しっかり頑丈に組み立てられており、こんな繊細なタンク車をリアルに再現されるなんて感服いたします。

sIMG_2201_824.jpg
▲ワールド工芸さんのタキ5750と比較したところ。タキ5750のほうは会社名シールも作りたいところ。

sIMG_2202_825.jpg
▲がっしりとしたシルエット。40t積みのタキ5750の後継として、台枠を強化し重量増となったぶん積載量が減って39t積みとなっています。

タキ5750が軽量化のため極限までフレームを省略し、華奢なタンク車であるのに比べて、その強度設計に問題ありとして構造を見直したタキ29300はがっしり、しっかりした印象です。
ま、それ以上にワールド工芸さんと、スクラッチビルドされた方との模型としてのスケール感や設計思想もやや影響しているとは思いますが。。。

sIMG_2213_831.jpg

sIMG_2210_829.jpg
▲こうやって混ぜてやるのがリアルで良いです!

ここで、タイムスリップ。2004年5月のGW休暇を利用して小坂精練小坂鉄道を訪ねた時の写真です。
この日は出荷量が多く3重連で苗代沢トンネルを越えます。
(トンネルポータルの上から撮影)

sFH010024_819.jpg
▲先頭は同じ同和鉱業系列、岡山の片上鉄道から移籍したDD13−556。

先頭の2両は峠をこえた茂内で解結されます。DD13-556は重連総括制御がありませんので、それまでは各機関車に機関士が乗務することになります。

sFH010025_820.jpg

sFH010026_821.jpg

sFH010028_823.jpg

NIKON F3のモータドライブが唸り、36枚どりフィルムがあっという間に無くなる。そんな時代でした。
デジタル一眼ならもっと遠慮せずに撮ってたかも。

編成をよく確認してみると、13両ものタンク車牽引でした。
DD13-556+DD132(以上は茂内まで)+DD131+29300黒+5750+29300銀×2+29300黒×3+5750×2+29300銀×2+(たぶん)5750×2

sFH010027_822.jpg
▲手前の伊藤忠のタキ5750に比べると銀タキ29300の台枠の幅が大きいことがわかります。

さてさて、その数年後には小坂精練のプラントが更新され、精練の過程で発生していた濃硫酸がなくなり、その輸送のみのために残されていた小坂鉄道も廃止されてしまうわけです。

sIMG_2209_828.jpg

濃硫酸タンク車は機会があれば増備してゆきたいと思います。
せめて模型の世界ではその頃の雰囲気だけでも残したく、元気に走らせたいところですね。
See you!

五能線の風景(2018/11/25)


▲五能線、風合駅付近。(2018/11/25)

青森は前日まで季節外れの大雪&積雪だったのですが、この日は晴れ。
鯵ヶ沢から深浦の気持ちの良い海岸線をドライブしておりまして、当然のことながら気になるのが五能線!

途中、見ちゃったんですよ。
だから先回りして、この日本海の風情のある駅で待ち構えておりました。

待つこと5分あまり。

sIMG_2048_798.jpg
▲きましたよー!深浦行きの2両編成、2両とも首都圏色の美しい編成でございます。

sIMG_2050_800.jpg

sIMG_2051_801.jpg

sIMG_2052_815.jpg

深浦← キハ48 505 + キハ48 1520 →五所川原

sIMG_2053_816.jpg

sIMG_2054_817.jpg

sIMG_2056_818.jpg

sIMG_2057_807.jpg

お客さん、結構乗ってました。風合駅にすべりこんで行きます。

sIMG_2061_811.jpg

確か、女性の車掌さんでした。エンジン音を響かせながら列車が走り去ると、もう風と波の音しかしません。

sIMG_2063_813.jpg

有難いことにヨメさまもすっかりこう云うことに慣れておりまして、発車シーンを動画で撮影してくれてました。
そちらのほうは、どこかで準備ができたらアップロードしますね。

あれから3週間。関東もすっかり寒くなりましたなぁ。
あっという間に年の瀬じゃ。

sIMG_2181_814.jpg

こんな時は家でぬくぬくと模型いじり、が良いですなぁ。

日中線熱塩駅にて(2018/6/9)(3)オハフ61 2752


▲今回はオハフに乗り込み、室内の写真をご覧いただきます。

旧日中線熱塩駅で保存状態の良いオハフ61に出会うことができました。
戦前の木造車をベースとして、戦後これらの台枠をストレッチし、下回りと内装(椅子等)を流用しつつ、車体を新製したという経緯を持つオハ61系。タイムスリップしたかのような旧型客車をお楽しみください。

sIMG_1319_782.jpg
▲貫通路入って真正面に見えるのが、閉じたドアの内側。

デッキの内装はこのようなオフホワイト系に塗装されていました。
前回もご紹介した通り、これはオリジナルのプレスドアではなく、Hゴム化された近代的なドアに交換されているようです。

sIMG_1317_780.jpg
▲デッキを室内側から見たところ。左が便所、右が洗面所です。床のタイルがちらりと。

貫通路側にはドアはありません。意外にこれがポイントなんですよ。

sIMG_1318_781.jpg
▲便所ドアは鍵がかかっていましたので、反対側の洗面所を。こちらはベニヤ板で塞がれていました。

便所は利用されては困るでしょうし、洗面所もいたずらされないようにですね。
でも内側はこうなっていたんだっけか、という資料になりますねぇ。
内装色も先ほどはオフホワイトと述べましたが、こちらの色(肌色、薄茶色)のほうが見た印象に近いです。

sIMG_1316_779.jpg
▲車掌室のない、便所側の貫通路の全体像です。

ドアや壁はニスがテカテカになった木造です。
今の時代、レトロ車輌は木目調の印刷が施されていますが、正真正銘、木造のインテリアは良いものですね。

いよいよ客室内に乗り込みます。

sIMG_1314_778.jpg
▲鋼体化客車、オハ61系の室内。

ローカル線用として製造されたので、背もたれは板のまま。シートピッチも狭いです。
でもこの木の質感というか、粗末でも雰囲気はありますよね。

sIMG_1313_777.jpg
▲窓には鎧戸。がっしりとした金属製で重みもあります。まさに「鎧」!網棚も本物の網です。

ボックスシートに身を委ねれば、至福のひととき。なんでも模造品で代用される現代とは違うのだよ・・・

sIMG_1310_775.jpg
▲こんな車輌で冬の五能線を旅することができれば、なぁ。

JR西日本では、山口線用にオハ35系の新型を製造しました。
ならば、JR東日本でも五能線用にオハ61系+ミキストを現代に蘇らせてみる、なんてどうでしょう。
元祖ノスタルジックビュートレイン発祥の地なんですし。
津軽三味線が似合いそうな室内ですよ!

sIMG_1311_776.jpg
▲車掌室側の貫通路です。

客室内妻面の広告やらスピーカーの位置が参考になるのではないでしょうか。
あと、色合いとか。

sIMG_1309_786.jpg
▲貫通ドアを出て後方右側。

車掌室側のデッキ後方右側の解放室内に手ブレーキが見えました。
ここは立ち入り禁止になってました。
左側はドアで仕切られた車掌室ですね。ちょうど外から見ると後方確認用の窓があるところです。

sIMG_1308_789.jpg
▲換算表記など。

sIMG_1307_788.jpg
▲反対側のデッキ外側です。

いかがでしょうか。
こういう古いものを良い状態で保存するのは並並ならぬ努力があるはずです。
熱塩駅で鉄道遺産をメンテナンスしてくださる方に感謝しつつ、オハフ61の会を終えたいと思います。

ますます、フジモデルさんに再生産を期待する気持ちが高まってしまいました。

(いつになるかは知らねども、次は、たぶんキ100のこと書きます。)




日中線熱塩駅にて(2018/6/9)(2)オハフ61 2752


▲熱塩駅の跡地に屋根付きで保存されているキ287(熱塩駅常備)とオハフ61 2752(仙フク)

随分と間が空いてしまいましたが、旧日中線熱塩駅構内に保存されている車輌を紹介しましょう。
#1ヶ月放置するとセンスのない広告が表示されてしまいますので。

ラッセル車キ100は意外と保存されている(動体のもの含め)車輌を見かけますので後回しとしますが、はにたらう的には60系鋼体化客車が、このように屋根付きで良い状態で保存(しかも車内に入ることができる!)されていることに感銘を受けましたので、そちらからまずは外見を。

sIMG_1298r_785.jpg
▲妻面付近の表記類はこのような感じ。インレタを貼るとき参考になるのですよね。

sIMG_1300_769.jpg
▲見た目通り、Hゴムのドアに改装されています。

製造当初のプレスドア(木造ドアではないところが、鋼体化客車所以たるところですか)から、Hゴム化された近代的なドアと、古い戦前の木造客車のものであろうTR11のミスマッチ感がたまりません。

sIMG_1301_770.jpg
▲これは・・・何を撮ったんだっけかな。とりあえず資料的に。

sIMG_1302_771.jpg
▲ナンバーとサボ受けと、そして鎧戸を外から見たところ!

sIMG_1303_772.jpg
▲車端部の表記など。

sIMG_1305_773.jpg
▲妻面、連結器周りなど。

このように資料的に撮影しているのは、オハ61系を若干増備しようとしていたからです。
今現在では、フジモデルのオハフ61の全タイプが品切れとなっており再生産待ちです。
オハ61はなぜか木造ドアのものがあるようですが、当方が欲しいものはプレスドアかHゴム(小)。いずれも在庫切れです。

今のところ、海龍(製造元:バックマン)のオハ61(秋アキ)が1両、エンドウの古いオハ61が1両、そしてフジモデル塗装済みキットのオハユニ61 101〜3両を入手しており、後はオハフが2両程度かな〜と。
イメージは五能線なんですが、ウエバスト式温風暖房機をどうしようかと。
#写真はネットなどで入手しておりますので、それっぽく作るしかないのですが・・・
DE10の酷寒地仕様も仕掛かり中だし♪(´ε` )

sIMG_1306_774.jpg
▲この車輌は電暖車なので。

sIMG_1323_783.jpg
▲オハフなので、もちろんこちら側の妻面にもテールランプがあります。

sIMG_1324_784.jpg

ああ、やっぱり旧型客車はええですなぁ。
というより古いものが良い。歳とった証拠ですかね。

次回は車内の写真をば。(つづく)




プロフィール

ウラタニハ

Author:ウラタニハ
はにたらうの”ウラニハ”へようこそ!1970年代~80年代に活躍した鉄道が忘れられず模型の世界にどっぷりとハマっています。たまに実物も。更新頻度は高くないかもしれませんが、とりあえず出発進行!

カテゴリ
カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR